フォルクスワーゲンが「ワールドカー」と位置付け、電気自動車専用に新たに開発されたアーキテクチャーを採用した、ブランド初となるフル電動SUV『ID.4(アイディ・フォー)』がいよいよ日本にも上陸。2種類のバッテリー容量を設定して最大561km(WLTCモード)の航続距離を実現するとともに、導入仕様“ローンチ・エディション”には家庭用充電器設置費用などの支援パッケージも用意され、取り扱い店舗の158拠点にて11月22日より発売開始となっている。

 グループの総力を結集して開発された、電気自動車専用のまったく新しいアーキテクチャー『モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス(MEB)』を採用するID.4は、大容量のバッテリー搭載による長い航続距離と、リヤモーター・リヤ駆動レイアウト、低重心設計によるダイナミックなドライビングといった特徴を兼ね備える。

 その最新BEVアーキテクチャーにより、大容量バッテリーを前後アクスル間のアンダーボディに搭載し、構造部材としても組み込む設計とし、ロングホイールベース・ショートオーバーハング化によってボディサイズに対して1クラス上のモデルに匹敵する室内空間を実現する。

 重量のあるバッテリーを前後アクスル間のアンダーボディに格納することで車両の低重心化と最適な前後重量バランスを実現すると同時に、駆動用モーターの大トルクを余すことなくトラクションに変換するリヤ駆動とすることでダイナミックなドライビング性能がもたらされる。

 本国では2020年に登場し、すでに北米や中国でも生産、販売される世界戦略モデルとして、2021年には全世界で約12万台が販売された同車だが、日本仕様には2種類のバッテリー容量とそれぞれ異なるモーター出力を用意。

 最大航続距離は388kmの“ID.4 ライト・ローンチ・エディション”は52kWhのバッテリーを搭載し、125kW(170PS)/310Nmのモーターを搭載し、上級グレードかつ主力モデルとして設定される“ID.4 プロ・ローンチ・エディション”では、77kWhの大容量バッテリーと150kW(204PS)/310Nmのモーターを搭載。0〜100km/h加速は8.5秒(欧州発表値)を記録し、最大航続距離は561kmを誇っている。

■バッテリーの熱管理システムにより、充電時間の短縮や長寿命化を達成

 いずれも堅牢なアルミニウム製ハウジングに搭載されたバッテリーは、重大な事故の際には電源が切れるよう保護回路が組み込まれ、フロアプレートに組み込まれた冷却水回路によって、あらゆる状況でバッテリーを理想的な温度範囲に保つ熱管理システムによって安定した高出力、急速充電時の充電時間の短縮とバッテリーの長寿命化も達成。8年間、または走行距離16万km走行(どちらか先に到達した方)後も、オリジナルの充電容量の70%を維持することが保証される。

 ともに普通充電(200V)と急速充電(CHAdeMO規格)の2種類の充電機能に対応しており、充電状況は充電ポート横のインジケーターやドライバーインフォメーションディスプレイ、および新規軸の“ID.Light”で表示される。これはフロントウインドウの下に設置されたライトストリップで、ドライバーに直感的なサポートを提供する機能となり、さまざまな光パルスを使用して運転準備の完了、充電中のバッテリーレベルなどのステータスを知らせることにより、車両を解錠しなくても充電状況が確認可能となっている。

 そのほか、レーンキープアシストシステム“Lane Assist”やプリクラッシュブレーキシステムの“Front Assist”に、車線変更アシストシステムの“Side Assist”などは全車標準装備に。さらに上級グレードのプロでは、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”や緊急時停車支援システム“Emergency Assist”も装備される。

 これら導入仕様であるローンチ・エディションは、アウディ、ポルシェ、フォルクスワーゲンの3ブランドによる独自の充電ネットワーク、プレミアム・チャージング・アライアンス(PCA)の年会費や、フォルクスワーゲン販売店での充電をひと月あたり60分まで、1年間無料で利用できる会員特典、さらに家庭に設置する普通充電器の設置費用10万円分サポートに、買取価格保証型の残価設定ローン“フォルクスワーゲン・ソリューションズ”の特別残価設定といった豊富な特典も用意され、価格はライトが499万9000円、同プロが636万5000円(いずれも税込)となっている。

フォルクスワーゲン カスタマーセンター:0120-993-199
フォルクスワーゲンID.4車両情報:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/id4.html