2022年シーズンのWRC世界ラリー選手権最終戦として行われた『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』において、自身初の母国凱旋イベントで総合3位表彰台を獲得した勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)にスポットを当てたハイライト動画が、TOYOTA GAZOO Racingの公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/@TOYOTAGAZOORacingJPchannel)で公開されている。

 既報のとおり、来季2023年はワークスチームであるTOYOTA GAZOO Racing WRTの一員としてWRCを戦っていく勝田貴元。TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラム1期生である彼は、11月10〜13日に地元愛知県を中心に開催されたWRC日本ラウンドでシーズン2度目となるポディウムフィニッシュを達成した。

 この快挙は、12年ぶりの開催となった『ラリージャパン』で日本人WRCドライバーが最高峰クラスで表彰台を獲得したとあって、テレビの地上波放送でも取り上げられるなど大きな注目を集めた。

 TOYOTA GAZOO Racingが公開した同ラウンドの“WRCチャレンジプログラム・ハイライトムービー”では、そんな勝田の母国ラリーでの戦いぶりを映像で振り返ることができる。また、動画内ではキャリア通算3度目の表彰台を日本で獲得した、勝田のコメントを聞くことも可能となっている。

■WRCチャレンジプログラム 2022 WRC Rd.13 ラリー・ジャパンハイライトムービー
https://youtu.be/GtH71mjbGNY