1月19日、九州を拠点に活動するTeam Noahが、2023年のスーパー耐久シリーズへの参戦体制を発表した。2023年シーズンはトヨタGRスープラGT4エボを新たに投入し、激戦区であるST-Zクラスに参戦することが明らかにされた。

 2018年に『九州に元気を!モータースポーツにもっとワクワクを!』を合言葉に発足したTeam Noah。結成初年度からスーパー耐久シリーズのST-TCRクラスにアウディRS3 LMSで参戦し、初挑戦となった富士24時間レースでST-TCRクラス初優勝を獲得。2019年よりホンダ・シビック・タイプR・TCRにマシンをスイッチし、2021年、2022年のST-TCRクラスのシリーズタイトル連覇を果たした。

 チーム結成初年度からST-TCRクラスを舞台に戦ってきたTeam Noahだが、2023年はトヨタGRスープラGT4エボを新たに投入し、激戦区であるST-Zクラスに参戦する。自らもステアリングを握る清瀧雄二代表を筆頭に、エントラント代表兼監督の川野隆晴氏、メンテナンスはNoah Garageという体制は2019年シーズンから変わらずだ。なお、ドライバーは後日改めて発表される予定だ。

 Team Noahは「モータースポーツを愛する九州の有志にて構成されたメカニック、九州出身者を中心としたドライバーにてチームを構成し、メンテナンスも福岡(Noah Garage)で行い、オール九州にて新たな挑戦に挑んでいくことで九州のモータースポーツ振興の牽引役となり、モータースポーツの楽しさ、素晴らしさの発信及び啓発を行うことを目的に、引き続き2023年シーズンに挑みます」としている。

■Team Noah 2023年スーパー耐久シリーズ参戦概要
参戦カテゴリー:ENEOS スーパー耐久シリーズ2023 Powered by Hankook
エントラント:Team Noah
カーナンバー:75
クラス:ST-Z
チームオーナー:清瀧雄二
エントラント代表/監督:川野隆晴
マシン:GRスープラGT4エボ
メンテナンス:Noah Garage
ドライバー:TBN
Team URL:https://teamnoah.jp