1月19日、WRC世界ラリー選手権の2023年シーズン第1戦『ラリー・モンテカルロ』がモナコで開幕した。フランス南部の山岳地帯で2本のナイトステージが行われた競技初日、TOYOTA GAZOO Racing WRTはセバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合首位に。また、チームメイトのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合2番手につけ、デイ1からワン・ツー体制を築いている。

 新チャンピオンとして2023年シーズンに臨むカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合5番手で初日を終了。TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムにより4台目のトヨタGRヤリス・ラリー1で出場の勝田貴元/アーロン・ジョンストン組は総合9番手でラリー初日の走行を終えている。

 伝統のラリー・モンテカルロの競技初日となった19日(木)は午前中にシェイクダウンが行われ、通算8回のモンテカルロ優勝を誇るオジエがトップタイムをマークした。昨季2022年に続き今シーズンもパートタイムでの参戦となる39歳のフランス人は、夕方から行われたセレモニアルスタートを経て、20時過ぎに始まったSS1でもスピードを発揮。有名なチュリニ峠で幸先よくベストタイムをマークした。

 19日の晩に行われたステージの路面は雪こそないものの、所々で凍結が見られ非常に難しいコンディションだった。そのようなトリッキーな路面を得意にしているオジエはSS1と直後に行われたSS2で連続ベストタイムを記録。両SSでステージ2番手タイムを刻み総合2番手につけたエバンスに、6秒差をつけて首位に立っている。

 昨季、22歳と1日での戴冠というWRC史上最年少記録を打ち立てたロバンペラは、ドライバー選手権の王座を守るため堅実なスタートを切り、2ステージ連続で5番手タイムをマーク。オジエと17.1秒差の総合5番手につけてた。

 2023年はワークス昇格を果たしオジエと3台目のマシンを共有する勝田は、SS1で4番手タイムを刻む好スタートを切った。しかしSS2でハンドブレーキにトラブルが発生し、この影響で多くのヘアピンコーナーでタイムを失うこととなった。結果、首位と57秒差の総合9番手で初日を終えている。

■ラトバラ代表「問題の解決に努める」

「今晩は本当に良いスタートを切ることができた。セブ(セバスチャン・オジエ)はつねに高いモチベーションでこのラリーに臨むため、最初から攻めていくことは想定内だったし、エルフィン(・エバンス)もすぐに良いペースを掴んだので、とても頼もしく思う」と語るのは、チーム代表のヤリ-マティ・ラトバラ。

「カッレ(・ロバンペラ)は暗闇の中を走るステージは好きではないと言っていたが、まずまずのスタートだった。(勝田)貴元も良いスタートを切ったが、SS2で問題を抱えタイムを失ってしまった。明日、新たなスタートを切れるように問題の解決に努めるつもりだ」

 難関ラリーとして知られるラリー・モンテカルロについて、ラトバラはその攻略法に路面状況を把握することを挙げた。

「路面コンディションは全体的にドライだが、ハードに攻めている時に突然滑りやすい場所に出くわすと、大きな影響を受ける」

「そのためグラベルクルー(ルートノートクルー)の役割が非常に重要になる。ドライバーがコンディションに関するすべての情報を持ち、自信を持って走れるようにしなければならないんだ」

 SS3からSS8、計6本のSSが行われる1月20日(金)の競技2日目は、サービスパークの西北に広がるフランス南部の山岳地帯で、3本のステージを各2回走行するスケジュールが組まれている。このデイ2はミッドデイサービスが設定されず、午前と午後のループ間に設けられるタイヤフィッティングゾーンでのタイヤ交換と簡単な整備作業のみで1日の行程を走破しなければならない。そんなデイ2のSS合計距離は105.34km、リエゾン(移動区間)を含めた1日の総走行距離は459.68kmだ。