9月3日、2023年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス レース2が大分県のオートポリスで行われ、荒川晃大(MOTOBUM HONDA)が優勝を飾った。2位は國峰啄磨(TOHO Racing)、3位は榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)となっている。

 心配されていた台風接近の影響もなく、ウイーク中で最も好天に恵まれた日曜日。気温も上がり、レース1とは違うコンディションでのレースになった。好スタートを切ってレースをリードしたのは荒川だった。2番手に渡辺一馬(Astemo HondaDream SI Racing)、高橋裕紀(JAPAN POST HondaDream TP)、榎戸と続く。

 一方、オープニングラップで村瀬健琉(Team TKR performance)と中村修一郎(MATSUBA RACING PROJECT&RS-ITOH)が転倒を喫してしまっている。先頭集団の高橋裕紀はペースが上がらず、徐々に後退。荒川、渡辺、國峰の3台が後続を引き離してトップ集団を形成する。

 5周目に渡辺がトップに浮上。逃げる渡辺を見た國峰が6周目に荒川の前に出るが、渡辺を捕らえることはできない。國峰はペースを上げることができず、10周目には荒川に2番手のポジションを奪い返されてしまう。その後方では、高橋裕紀を捉えた榎戸が単独走行となっていた。

 残り5周を切り、渡辺はラストスパートをかけ始めてトップ独走体制に移る。しかし、残り3周でまさかの転倒を喫してしまい、戦線離脱となった。これにより、荒川は再びトップに立つ。國峰はピタリと背後につけて、荒川を追う。

 しかし、荒川は落ち着いた走りでレースを運んでいき、最終ラップで國峰を引き離す。そして、そのまま最後までトップを守り切って、ST1000クラス初優勝を飾った。2位に國峰、3位には榎戸が入り、ダブル表彰台を飾った。

 4位と5位には、JAPAN POST HondaDream TPの高橋裕紀と高橋巧が入り、トップ5はホンダ勢が占めた。6位には豊島怜(DOG FIGHT RACING)が入り、ベストリザルトを獲得している。

■荒川晃大/MOTOBUM HONDA(レース2:優勝)
「序盤、先頭に立って引き離せたら引き離したいと思っていました。でも渡辺一馬選手に抜かれるとペースが速く、僕はフロントタイヤもリヤタイヤもきつかったので、じわじわと離れてしまいました。今日は一馬選手の転倒があって優勝できました。まだ課題は残っていますが、ひとまず優勝できてうれしいです」

■國峰啄磨/TOHO Racing(レース2:2位)
「事前テストからレースウイークにかけて、これまでにない気温でした。どうなるか分からなかったのですが、レースが始まって、一馬選手と荒川選手には何とかついていくことができました。このまま行ければと思ったのですがきつくなってきて、荒川選手に抜かれてもついていくことができませんでした。テストからレースウイークまで調子が悪かったので、表彰台が獲得できたことはよかったけれど、次戦に向けては課題が残りました」

■榎戸育寛/SDG Motor Sports RT HARC-PRO.(レース2:3位)
「応援してくれている皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。ここまでいい流れできていたのに、今日のコンディションに対して自分とマシンに対応することができず、コースにとどまることで精いっぱいでした。今日は(埜口)遥希のヘルメットを被ったので、遥希にも申し訳ないです」