2023年のNTTインディカー・シリーズは第16戦ポートランドでチップガナッシ・レーシングのアレックス・パロウが通算2度目のドライバーズタイトルを決め、残すは今週末の最終戦のラグナセカのみとなった。

 ワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイでの第15戦から3週連続で開催となっているインディカー。この期間に2024年のドライバー移籍も多く発表となった。

 今シーズンはオーバルレースのみの出場となったチップガナッシ・レーシングの佐藤琢磨は、ワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイでの第15戦で2023年のレースを終えた。

 その週末には、これで最後のインディカーのレースになるのでは?と報道するアメリカのメディアがいる一方で、琢磨には来季のインディ500に向けていくつかのオファーがあるとするメディアもいた。
 
 来季のシートが次々に埋まる中、佐藤琢磨の去就はどうなるのか? 日米メディア共通の疑問であったが、それらしい明確な結論は、リタイアで終わった第15戦終了後には得られなかった。

 レースを終え、ホンダ・レーシング・スクール(HRS)とF1日本GPに向けて日本に帰国した琢磨に、今季の振り返りと来季に向けての状況を聞いてみた。
 
ーーワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイでのレースで今季のすべてのレースが終わりましたが、2023年を振り返っていかがですか?

「結果としてはインディ500の7位が最上位で、思い描いていたような結果が残せませんでした」

「今年はいろいろなオファーの中から、多くの皆さんの協力があって、チップ・ガナッシからオーバル参戦というプログラムを選びました。もちろんインディ500で3勝目を目指すことメインに据えたプログラムでしたけど、結果には繋がりませんでしたね」

ーーうまく結果につながらなかった要因はなんでしょう?

「チップ・ガナッシのチームは、毎年インディ500でもチャンピオンシップでも上位を争うチームですから、そこに迷いはなかったです。けれど、僕自身フルシーズンを戦わない年は初めてでした」

「マーカス・アームストロングと11号車のクルマをシェアする形でしたから、僕のクルマだけど、僕のクルマじゃないみたいな(笑)。そんな感じはありました」

「もちろんエンジニアもクルーもレースの時は100%僕のために働いてくれるんですけど、彼らは次のレースの準備もしなきゃいけないし、エンジニアも次のレースを考えなくちゃいけない。スポット参戦は、スポット参戦の難しさがありました。これは今年やってみるまでわからなかった」

ーーそんな中で今年最後のレースに臨んだわけですが……。

「コクピットに座る時に“これがインディカー最後のレースになる……”という気持ちにはならなかったですね。確かに来年のことが何も決まっていない状態だから、クリアにはなっていないと言えばその通りですけど、もうこれが最後という気持ちではなかったです」

「でも、チップ・ガナッシのこのメンバーでやるのは最後だったから、良い結果出して彼らの気持ちと仕事に報いたかった。そういう心残りはあります」



■来シーズンの去就と琢磨の想い
ーーアメリカのメディアも、我々も、琢磨選手の来季についてはとても気になるのですが、今の段階で決まっていることは?

「今の段階ではまったくの白紙。何も決まっていることはありません。ただ、いろいろなオファーがあるのは事実です」

「今年はスポット参戦の難しさもわかったし、いろいろな条件の中からできるだけ良い答えを見つけたいと思っています。特にインディ500については、複数のオファーもあって、どうすべきか考えたいと思っています」

「最近はインディカー・シリーズのレベルはすごく高くなっているし、ドライバーも若くて速いドライバーがいっぱい来ます。もちろんバジェット(予算)の関係も出てくる」

「僕自身もこれで『はい、おしまい』というわけにはいかないと思うんです。『インディ500の3勝目を狙いたい』その気持ちは今も持っています。でも、それだけで良いのかな?と思うこともあります」

「幸いなことにインディ500で2度も勝てたし、インディカーにデビューしてからできるだけのことはしてきましたが、僕がアメリカからいなくなった後、若い日本のドライバーにバトンも渡せずにアメリカから帰るわけにはいかないと思うんです」

「日本の若いドライバーを見ていて、何かアメリカにもチャンスを残す方法はないのかな? 自分のことだけではなくて、次の世代へ繋がる方法は何かないのかも、考えたいと思ってます」

「具体的に何かが動き出しているわけではないですけど、そういったこともホンダとも相談しながら、考えていきたいと思ってます」

 日本のファンのみならず、アメリカのメディアも注目する琢磨の去就。今後の発表を待ちたい。