マツダは、ロータリーエンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデル『マツダMX-30 Rotary-EV(ロータリー・イーブイ)』について、9月14日(木)より全国のマツダ販売店を通じて予約販売を開始すると発表した。同モデルの発売は2023年11月が予定されている。

『MX-30 e-SKYACTIV R-EV』として先行投入された欧州市場に続き、日本にも導入されることとなったプラグインハイブリッド(PHEV)モデルは、マツダ独自のロータリーエンジンを発電機として使用する今までにない新しい電動車。すでに国内導入済みのバッテリーEV(BEV)とマイルドハイブリッド車とはタイプが異なるMX-30“第3のモデル”であり、電気自動車(EV)とシリーズハイブリッドの強みを融合させたシリーズ式PHEVモデルとなっている。

 PHEVの特長は外部充電を可能とし普段の走行をEVとしてこなしつつ、長距離を走る場合にはエンジンを発電機として回して走行中にもバッテリーに電気を蓄え、航続距離を伸ばすことができる点にある。

 今回予約受注が開始された“ロータリーEV”では、「わたしらしく生きる」をコンセプトに誕生した『MX-30』の基本的な提供価値はそのままに、シリーズ式プラグインハイブリッドの形式をとることでEVとしての使い方が拡張されている。その実例のひとつが、日常のほとんどの走行をEVとして使える107kmの航続距離だ。これに加えてエンジンを発電機として使用することで長距離ドライブにも対応する。

 その発電機には、マツダの代名詞とも言えるロータリーエンジンが採用された。新開発された“おにぎり”は必要とされる出力性能を省スペースで実現できるロータリーエンジンの特徴を活かし、最高125kWを発揮する高出力モーター、ジェネレーターと同軸上に配置され、フロントのモータールームに搭載される。マツダはこのコンパクトな電動駆動ユニットと17.8kWhのリチウムイオンバッテリー、50リットルの燃料タンクを組み合わせることで、独自のシリーズ式プラグインハイブリッドシステムを実現した。

 なお、同システムは普通充電と急速充電に対応するほか、1500WのAC給電やクルマを蓄電池として利用できるV2H(ビークル・トゥ・ホーム)の機能も備える。ドライブモードには“EV”、“ノーマル”、“チャージ”の3モードが設定され、走行シーンや用途によって使い分けることが可能だ。

 ロータリーエンジンの復活を象徴する「Return(リターン)」の頭文字をネーミングに用いた特別仕様車“エディションR”も設定された『MX-30 ロータリーEV』の価格は、423万5000〜491万7000円(税込)となっている。

■『マツダMX-30 ロータリーEV』主要諸元
エンジン種類水冷1ローター排気量0.830L最高出力53kW/4500rpm最大トルク112Nm/4500rpmモーター最高出力125kW最大トルク260Nmその他駆動方式FF(2WD)寸法4395×1795×1595mmホイールベース2655mm重量1780kgバッテリー容量17.8kWh燃料タンク容量50Lハイブリッド燃料消費率15.4km/LEV走行換算距離(等価EVレンジ)107km