2023年F1第16戦シンガポールGPの決勝レースが行われ、ハースのニコ・ヒュルケンベルグは12位でレースを終えた。

■ニコ・ヒュルケンベルグ(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=12位(62周/62周)
 今回もまた長いレースになった。多くの努力を注ぎながら、残念なことに最終的には報われなかった。セーフティカーが出て、チームがダブルストップを選択した時、ケビン(・マグヌッセン)が先で次が僕という順番だったために、そこで大きく順位を下げてしまった。あれは痛かったね。

 だけど、それは単純に運の問題で、僕にできることはあまりなかったと思う。どうにかワンストップで走り抜いたものの、終盤にはもう抜かれる一方だった。VSCの間にピットに入るチャンスがありながら、それを逃したのが失敗だったのかもしれない。実際、ポイント獲得の可能性はあったと思う。僕の方がずいぶん前を走っていたのに、結果としては(2ストップの)ケビンが10位に入ったわけだから。その点ではちょっと残念だが、僕としてはいいレースをしたと思うし、今日のレースに関して個人的に不満に思うことは何もない。