9月24日に三重県の鈴鹿サーキットで開催された2023年F1日本GPの決勝。レースはスタート直後に複数のマシンが絡むアクシデントから始まったものの、ポールポジションスタートのマックス・フェルスタッペンは終始トップを走行しポール・トゥ・ウイン。この結果、オラクル・レッドブル・レーシングの2年連続コンストラクターズタイトルが決定し、パワーユニットを供給するホンダおよびHRCが祝福のコメントを発表している。

 2023年第15戦イタリアGPまで昨季から続く15連勝を達成し、フェルスタッペンは個人最高記録となる10連勝を飾るなど、圧倒的な強さと速さを誇るレッドブルF1。迎えた2023年F1第17戦日本GPではフェルスタッペンのポール・トゥ・ウインで6戦を残してのコンストラクターズタイトルを決めてみせた。

 そんなレッドブルF1を支援するホンダは、今季はチームパートナーとして技術支援やマーケティング協力などを行っており、その一環として、ホンダ・レーシング(HRC)がパワーユニットのエナジー・ストレージ・ストア以外のコンポーネントを製造し、レッドブル・パワートレインズへの供給ならびに、シーズンを通したパワーユニット運用のサポートを行っている。

 ホンダ/HRCのパワーユニット技術が搭載されたマシンのコンストラクターズタイトル決定に、本田技研工業の三部敏宏代表執行役社長は以下のように祝福の言葉を述べた。

「オラクル・レッドブル・レーシングのコンストラクターズチャンピオン連覇達成に対し、心よりお祝い申し上げるとともに、ホンダの地元、鈴鹿サーキットで年間タイトルを獲得してくれたことを大変うれしく思います」

「今シーズン残る6レースと2024年、2025年シーズンもチームパートナーとして全力でサポートしてまいります。これからもホンダはレースを盛り上げていくとともに、世界最高峰カテゴリーで培った技術を研ぎ澄まし、先進技術領域などでも世界一を目指し挑戦し続けていきます」

 さらにホンダのモータースポーツ活動を担うHRCの渡辺康治代表取締役社長も「オラクル・レッドブル・レーシングのコンストラクターズチャンピオン連覇達成おめでとうございます」と祝辞を述べている。

「ホンダ/HRCの技術が込められたパワーユニットがこのような偉業に貢献できたことをうれしく思うとともに、HRCのメンバーはもちろん、このプロジェクトに関わっているオールホンダのメンバー、そして、サプライヤーのみなさまなど、パワーユニット製造に携わるすべての方々に改めて感謝を申し上げます」

「これからもHRCは技術を磨き、全力でオラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリ両チームへの技術サポートを続けてまいります」

 なお、このチームパートナーシップが続く2025年シーズンまで、オラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの両チームはホンダが技術支援するパワーユニットを搭載したマシンでF1に参戦する予定になっている。