WEC世界耐久選手権の最高峰カテゴリーであるハイパーカークラスで、LMDh規定のマシンを走らせるポルシェとキャデラックは、今週末にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される2023年シーズン最終戦を前に、“プラットフォームBoP(バランス・オブ・パフォーマンス/性能調整)”の一環として車両重量の軽減を受けた。

 11月4日(土)に8時間の決勝レースが行われるシーズン・フィナーレを前に、10月26日付でFIA国際自動車連盟から発表されたブルテンによると、共通ハイブリッドシステムを搭載するポルシェ963とキャデラックVシリーズ.Rは、それぞれ7kgの軽量化が認められている。その一方で、最大スティントエネルギーも2台そろって1MJ削減となった。

 調整後のキャデラックVシリーズ.Rの最低重量は1030kgとなり、ル・マン・ハイパーカー(LMH)規定車であるヴァンウォール・バンダーベル680と、モンツァ以降欠場が続くグリッケンハウス007と並んでクラス最軽量のマシンに。ポルシェ963は1046kgで最終戦に臨む。

 前述のとおり、両車ともに最大スティントエネルギーは削減されたが、最高出力と後輪を駆動させるハイブリッドの展開速度に変更はない。また、ポルシェとキャデラックの両LMDhマシン以外のLMH車両についても、各種パラメーターに変更なく以前発表されたBoPテーブルのままシーズン・フィナーレを迎える予定だ。

 バーレーン8時間に向けたアップデートは、WECの主催者であるFIAとACOフランス西部自動車クラブが、今シーズン初めて“プラットフォームBoP”の変更を実施したことを意味する。

 このシステムでは、必要と判断された場合に応じてプラットフォーム全体のBoP値を調整するオプションが用意されていた。

 今年7月にFIAとACOがシーズン終盤3ラウンド(モンツァ、富士、バーレーン)のBoPテーブルを発表した後、プラットフォームBoPを変更するには充分な代表データを持つふたつのレースが必要とされたが、モンツァと富士でのドライコンディション・レースによってこの条件が満たされていた。

 6月のル・マン24時間レースの前に行われたBoP調整は、LMDhプラットフォームとLMHプラットフォームとの間ではなく車両ごとに調整が入ったものであり、今回の調整とは性質が異なるものだ。

■2023年WEC世界耐久選手権第7戦バーレーン8時間レース ハイパーカーBoP(10月26日付)
プラットフォームマシン最低重量最高出力最大エネルギー量前輪MGU作動速度(ドライ/ウエット)LMDhキャデラックVシリーズ.R1030kg(-7)504kW894MJ(-1)―LMHフェラーリ499P1075kg505kW901MJ190kph/190kphLMHグリッケンハウス0071030kg520kW909MJ―LMHプジョー9X81041kg520kW908MJ135kph/150kphLMDhポルシェ9631046kg(-7)514kW908MJ(-1)―LMHトヨタGR010ハイブリッド1080kg514kW912MJ190kph/190kphLMHヴァンウォール・バンダーベル6801030kg520kW906MJ―