LMGTE規定モデルによる“最後のレース”となるWEC世界耐久選手権第7戦バーレーンの開催を前に、FIA国際自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブが、GTEアマクラスの最新BoP(バランス・オブ・パフォーマンス/性能調整)テーブルを発表した。

 キャデラックとポルシェのLMDhカーに調整が入ったハイパーカークラスのBoPと同様に、10月26日付で公開となったGTEカテゴリーの調整では、アストンマーティン・バンテージAMRとシボレー・コルベットC8.Rがその対象に。前者にとっては待望のアップデートとなっている。

 というのも、アストンマーティンは第5戦モンツァで戦闘力を削がれ、これに対してGTEアマクラスで走る3台のうち2台のバンテージAMRのレース運営を担当するTFスポーツのボス、トム・フェリエはBoPへの不満を漏らしていた。また彼は、第5戦富士に向けての調整も要求していた。

 しかし日本ラウンドでのBoP変更はなく第6戦富士でも2022年のチャンピオンチームや日本のDステーション・レーシング、さらにハート・オブ・レーシングチームにとって厳しい状況が続いた。

 今回、バーレーン8時間レースに向けた調整では、アストンマーティンは燃料容量の追加とターボブースト圧の増加が認められている。タンク容量の増加量は2リットル、ブーストの上げ幅は0.04barだ。

 一方、もう一台の対象車種であるコルベットは、エンジンのエアリストリクターがφ41.3mmからφ40.7mmに縮小され、燃料容量も2リットル減少する。

 ポルシェ911 RSR-19とフェラーリ488 GTEエボの各種パラメーターに変更はない。ただし、サクセスバラスト搭載の有無によって同一車両であっても車重に差がついている。

 来季2024年のLMGT3クラス導入決定にともない、バーレーンでのレースが“ラストレース”となるLMGTEアマは、コルベット・レーシングのベン・キーティング/ニコ・バローネ/ニッキー・キャツバーグ組が第5戦モンツァで2レースを残してタイトルを決めたため、今週末の“シーズン・ファイナル”でドライバー選手権が争われない唯一のクラスとなる。