11月4日、栃木県のモビリティリゾートもてぎで2023スーパーGT第8戦『MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL』の公式予選が行われ、GT300クラスは2号車muta Racing GR86 GT(堤優威/平良響)が逆転タイトル獲得に望みを繋ぐポールポジションを獲得した。

 GT300クラスの予選は、ランキング2位の2号車muta Racing GR86 GT(堤優威/平良響)がポールポジションを獲得できなければ、ランキングトップの52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)のチャンピオン獲得が決まるという重要なセッションとなった。

 しかしシーズン最終戦ということもあって、各マシンとも今季最高の結果が欲しいところ。ノーウエイトのガチンコ勝負が繰り広げられることが予想される2023スーパーGT第8戦もてぎの公式予選は、定刻どおり14時20分からGT300A組のセッションが開始された。

■A組:好調88号車JLOC ランボルギーニが首位。ニッサンGT-R勢は大苦戦

 開始時点で気温23度、路面温度29度というコンディションでスタートしたA組。出走する13台はピットレーンのシグナルがグリーンになるとコースに出ていき、タイヤを温めながらアタックへの準備を整えていく。

 セッション残り3分を切ると各マシンがアタックに入る。まずは52号車の吉田広樹が1分46秒732のターゲットタイムを記録。2番手には31号車apr LC500h GTの根本悠生が1分46秒823で続く。

 直後に65号車LEON PYRAMID AMGを駆る篠原拓朗が1分46秒610でトップに立つ。さらに88号車JLOC ランボルギーニ GT3 の元嶋佑弥が1分46秒435というトップタイムを記録したところでセッション終了を告げるチェッカーフラッグが振られる。

 A組はトップ88号車に65号車が続き、ランキング首位の52号車は3番手でQ2進出。以下31号車、60号車Syntium LMcorsa GR Supra GT、61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、50号車ANEST IWATA Racing RC F GT3、20号車シェイドレーシング GR86 GTが8番手となった。

 9番手以下は10号車PONOS GAINER GT-R、9号車PACIFIC ぶいすぽっ NAC AMG、360号車RUNUP RIVAUX GT-R、56号車リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R、22号車アールキューズ AMG GT3がQ1敗退。A組に出走したニッサンGT-RニスモGT3は全車がノックアウトという結果になっている。

■B組:2号車muta GR86が自己ベスト更新のトップタイム

 続いて12台が出走するB組予選は14時38分から10分間で開始。こちらのクラスも入念に各マシンがウォームアップ走行を行い、残り3分半ほどで逆転タイトルを獲得するためにはポールポジションが絶対条件の2号車の平良がアタックに入っていく。

 セクター1からセクター3まで全体ベストで繋いだ2号車のタイムは1分46秒420で見込み通りのトップタイム。続いて96号車K-tunes RC F GT3の高木真一が0.024秒差の1分46秒444、7号車Studie BMW M4の荒聖治が0.026秒差の1分46秒446を記録するも、わずかに平良には届かず。

 その平良は連続アタックを行いセクター1とセクター2で自身のベストタイムを塗り替える走りを披露。セクター3はわずかに届かなかったが、ホームストレートに戻ってきた2号車は1分46秒130を記録してQ2進出を決めた。

 2番手には小林崇志が最終アタックでタイムを上げた18号車UPGARAGE NSX GT3が入り、以下96号車、7号車、6号車DOBOT Audi R8 LMS、87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3、4号車グッドスマイル 初音ミク AMG、11号車GAINER TANAX GT-RまでがQ2進出。

 27号車Yogibo NSX GT3、5号車マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号、30号車apr GR86 GT、48号車植毛ケーズフロンティア GT-Rの4台がここで予選を終えた。

■Q2:逆転タイトルに望み繋ぐ。2号車堤が2戦連続のポールポジション

 GT500のQ1をはさみ、ポールポジションが決するGT300のQ2は15時13分にスタート。ピットレーン出口の信号が青になると、Q1を突破した16台がコースインしていき、ゆっくりとタイヤを温めていく。

 まずアタックに入ったのは平良からmuta GR86のステアリングを引き継いだ堤優威。セクター1からセクター3まで全体ベストをマークしながら1分45秒633を記録してトップに立つ。続いて18号車の小出峻が1分46秒052で2番手に入り、その後は96号車、52号車がタイムを更新するも堤までは届かず。

 その堤は、Q1の平良同様に連続アタックを行いセクター2までタイムを更新する速さを披露するも、セクター3で前を走るマシンに接近してしまい、自身のタイムを更新することはできず。しかし1回目に記録したタイムを上回る車両は現れず、逆転タイトルにはポールポジションを獲るしかない2号車が2戦連続の予選最前列を確保。1ポイントを加算してタイトルに望みを繋ぎ、平良は「堤さん最高!」と叫び、その堤は平良を「彼女みたいなモンです!」と喜びを爆発させた。

 2番手には88号車、3番手には65号車が続いたトップ3。そしてランキングトップの52号車が7番手から決勝レースに臨む。正真正銘のチャンピオンが決まる決勝レースは、5日13時にスタートが切られる予定だ。