11月2日(木)から4日(土)にかけて、中東のバーレーン・インターナショナル・サーキットで、WEC世界耐久選手権第7戦『バーレーン8時間レース』が行われ、ディフェンディングチャンピオンであるTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタGR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮)がポール・トゥ・ウインを達成。ドライバー選手権2連覇を勝利で決めている。

 前戦富士で2023年シーズン4勝目をマークし、ランキング2位で最終戦を迎えた姉妹車7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)は、スタート直後のアクシデントで大きく順位を下げながら最終的に2位表彰台を獲得した。しかし、チャンピオンシップにおけるライバルであるチームメイトが優勝したため、逆転戴冠とはならず。ランキング2位でシーズンを終えることとなった。

 首の皮一枚が繋がった状態でシリーズチャンピオンの権利を有していたフェラーリAFコルセのフェラーリ499P勢も、WECハイパーカー・プログラムの初年度にル・マン24時間で優勝するなど奮闘を見せたが、王者TGRの壁は厚かった。それでも“耐久の雄”ポルシェを上回ってのランキング3位・4位は、50年ぶりのワークス参戦となったスポーツカーシリーズへの“カムバックイヤー”としては立派な結果と言えるだろう。

 一方のポルシェワークス、ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツは、同じLMDh規定車で戦うキャデラック・レーシング2号車のトリオに敗れ、ランキング6位・7位となった。なお、マニュファクチャラー選手権では参戦台数の面で利があるドイツメーカーがGMのブランドを上回り、ランキング3位を得ている。

 LMP2クラスではランキング首位でバーレーンに入ったチームWRT41号車が、終盤の逆転劇で富士に続く2連勝をマーク。ルイ・デレトラズ/ロバート・クビサ/ルイ・アンドラーデ組がWEC・LMP2最後のシリーズチャンピオンに輝いた。

 すでに第5戦モンツァでタイトルが決まっているLMGTEアマクラスでは、チーム初優勝とシリーズ初の女性トリオによる優勝を達成したアイアン・デイムスがランキング2位を確定させた。GTEカテゴリー最後のチャンピオンは、コルベット・レーシングのシボレー・コルベットC8.Rをドライブしたベン・キーティング/ニック・キャツバーグ/ニコラ・バローネ組だ。

 今シーズン限りでLMP2とLMGTEアマクラスが廃止され、ハイパーカーとLMGT3の2クラス制となる来季2024年のWECは、3月2日にカタールで開幕を迎える。

■2023年FIAハイパーカー世界耐久ドライバー選手権(トップ8)
Pos.DriverPoints1B.ハートレー/平川亮/S.ブエミ1722J-M.ロペス/小林可夢偉/M.コンウェイ1453A.フォコ/M.モリーナ/N.ニールセン1204A.ピエール・グイディ/A.ジョビナッツィ/J.カラド1145A.リン/E.バンバー/R.ウエストブルック726A.ロッテラー/K.エストーレ/L.ファントール717D.キャメロン/F.マコウィッキ/M.クリステンセン618J-E.ベルニュ/M.イェンセン/P.ディ・レスタ51

■2023年FIAハイパーカー世界耐久マニュファクチャラー選手権
Pos.ManufacturerPoints1トヨタ2172フェラーリ1613ポルシェ994キャデラック795プジョー676グリッケンハウス367ヴァンウォール10

■2023年FIAエンデュランス・トロフィーLMP2ドライバー(トップ5)
Pos.DriverPoints1L.デレトラズ/R.クビサ/R.アンドラーデ1732A.コスタ/F.シェーラー/J.スミエコウスキー1143F.ルビン/P.ハンソン1044F.ハプスブルク/R.フラインス/S.ゲラエル945J.ピアソン/O.ジャービス92

■2023年FIAエンデュランス・トロフィーLMP2チーム(トップ5)
Pos.TeamPoints1チームWRT(#41)1732インターユーロポル・コンペティション(#34)1143ユナイテッド・オートスポーツ(#22)1044チームWRT(#31)945ユナイテッド・オートスポーツ(#23)92

■2023年FIAエンデュランス・トロフィーLMGTEアマ・ドライバー(トップ5)
Pos.DriverPoints1B.キーティング/N.キャツバーグ/N.バローネ1732M.ガッティン/R.フレイ/S.ボビー1183D.リゴン/F.カステラッチ/T.フロー914C.リード/J.アンドラウアー/M.ペデルセン805A.アル・ハーティ/C.イーストウッド/M.ディナン65

■2023年FIAエンデュランス・トロフィーLMGTEアマ・チーム(トップ5)
Pos.TeamPoints1コルベット・レーシング1732アイアン・デイムス1183AFコルセ(#54)914デンプシー・プロトン・レーシング805ORT・バイ・TF65