アルファタウリの角田裕毅は、F1アメリカGPで重要なアップグレードパッケージが導入された後の進歩に驚いており、自分たちはいまやF1の“ダークホース”であると語った。

 オースティン前まで、アルファタウリは4回しか入賞しておらず、合計得点は5点にとどまり、最高位はダニエル・リカルドの代役として出場したリアム・ローソンによる9位だった。しかし、大規模なマシンアップグレードを入れたアメリカGPからの3連戦で、アルファタウリは連続入賞を果たして合計16点を稼ぎ、コンストラクターズランキングでは最下位から8位に浮上した。

「大きな驚きです」と角田は認めた。「特にライバルチームと比較すると、今の僕たちはダークホースだと思います。良いことです」

「3戦連続でポイントを獲得しました。とても良いリズムに乗っていると思います。シーズン残りレースでも、この調子を維持する必要があります。チーム選手権において7位に近づいてきました。(7位獲得が)可能だと思っていますし、最善を尽くします」

 残り2戦の現段階で、ランキング7位のウイリアムズは28ポイント、8位アルファタウリは21ポイントを獲得しており、その差は7ポイントだ。一方、9位のアルファロメオはこの3戦をノーポイントで終えたため、アルファタウリとの差が5ポイントに拡大した。

 スプリント制で行われたサンパウロGP(ブラジルGP)で、金曜予選では角田16番手、ダニエル・リカルド17番手とQ1敗退に終わったが、スプリント・シュートアウトでは角田裕毅が6番手、リカルドが8番手とトップ10に入り、角田がスプリント6位で3ポイントを獲得した。日曜決勝は、リカルドはスタート直後の他車の多重クラッシュに巻き込まれ、最終的に13位という結果だったものの、角田は9位入賞を達成、週末を通して5ポイントを稼ぎ、コンストラクターズ選手権の順位争いに大きく貢献した。