故ケン・ブロックの娘で17歳のリア・ブロックは、ウイリアムズ・ドライバー・アカデミーに加入し、2024年シーズンのF1アカデミーにウイリアムズを代表してARTグランプリから参戦する。

 リアは才能ある有名な父親からDNAの半分を受け継いでいる。ケン・ブロックはWRC世界ラリー選手権にスポット参戦した経歴の持ち主で、彼のジムカーナの動画はインターネット上で絶大な支持を集めている。残念ながら、ケン・ブロックは今年初め、ユタ州ウッドランドにある彼の牧場近くでのスノーモービルの事故により、55歳で亡くなった。

 一方リアは2021年からラリーに参戦し始め、カール・コックス・モータースポーツから電気自動車によるエクストリームEにも参戦したが、F1アカデミーでのレースは、彼女にとって初めてのオープンホイールレースでのフルシーズンとなる。リアは新たな挑戦に向けた準備のために、最近シングルシーターでのテストプログラムに取り組んだ。

 ウイリアムズ・レーシング・ドライバー・アカデミーの一環として、チームはリアの学習と育成をサポートし、F1アカデミーでのシーズンを通じて彼女のポテンシャルを最大限に引き出していくことになる。リアはグローブのチームとも緊密に連携し、アカデミーの全面的なサポートの下でスキルを磨いていく。

「ウイリアムズ・ドライバー・アカデミーに加入し、2024年にF1アカデミーに参戦することにとても興奮しています!」とリアは語った。

「これは私が夢にも思っていなかったことです。新しい経験に挑戦し、できるだけ多くのことを学ぶのが待ちきれません」

 ウイリアムズ・レーシングのチーム代表ジェイムズ・ボウルズは次のように述べた。

「リアを2024年のF1アカデミードライバーとしてウイリアムズ・レーシングに迎えることに、我々は興奮している」

「リアはモータースポーツにおいてすでに素晴らしい成果を上げているし、信じられないほどの天性の才能がある。チャンピオンとしての心構えがあり、オープンホイールレースへの道を成功させることに専念している」

「この旅路をともに歩み始めるのが待ちきれない思いだ。チームとして我々は、モータースポーツへの女性の参入を改善するためのF1とF1アカデミーの共同の取り組みに全力を注いでいる。また、ウイリアムズ・レーシング・ドライバー・アカデミーの重要な一員であるリアとともに仕事をすることを楽しみにしている」