11月16日、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2023』のデイ1が行われ、SS1を制したヒョンデ・シェル・モビスWRTのティエリー・ヌービル/マルティン・ウィダグ組(ヒョンデi20 Nラリー1)が初日のラリーリーダーとなった。日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、トヨタ勢最上位の総合5番手につけている。

■2023年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS1後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー11'47.624E.ラッピヒョンデi20 Nラリー1+0.738O.タナクフォード・プーマ・ラリー1+1.446D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+1.8518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3.1669K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+4.0716A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+4.5817S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+4.7933E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+4.91021N.グリアジン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+5.3
※リザルトは編集部集計