11月17日(金)、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2023』は、競技2日目“デイ2”午前のループが終了。悪天候を理由にキャンセルとなったSS4終了時点ではTOYOTA GAZOO Racing WRTのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合トップに立っている。日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)はアクシデントにより総合24番手まで順位を落とした。

■2023年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS4後
Pos.No.DriverMachineGap133E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー136'30.3211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0'26.0317S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+0'42.6420A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+0'44.7569K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1'36.4621N.グリアジン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+1'40.8724G.ミュンスター(WRC2)フォード・フィエスタ・ラリー2+2'01.4832勝田範彦(JRCar1)トヨタGRヤリスJP4ラリー2+2'06.594E.ラッピヒョンデi20 Nラリー1+2'23.01023H.コバライネン(WRC2)シュコダ・ファビアR5+2'32.3168O.タナクフォード・プーマ・ラリー1+3'14.12418勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+5'29.1R6D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1SF2R16A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1SF2
※リザルトは編集部集計