2023年F1第22戦ラスベガスGPのフリー走行2回目が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)、3番手はフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は17番手だった。

 FP1では開始直後にサインツがストップし、セッションは10分もたたないうちに赤旗中断、終了となった。サインツがストップしたのはコース上にあるマンホールの蓋が外れたことでダメージを受けたからではないかと見られており、その後調査が行われ、マンホールの蓋のコンクリート製フレームが破損したことが判明した。

 FIAとF1はすべての蓋の調査を行い、その影響でFP2の開始が遅れた。当初の予定よりも2時30分間遅れの現地時間17日2時30分、日本時間19時30分にスタートし、セッションは90分間となった。気温は13度、路面温度は15度だ。

 セッション開始直後から各車コースに出て走り込んだ。序盤は1分38秒台のタイムが並び、ルクレールがユーズドのソフトタイヤで1分38秒325でトップ、サインツが0.212秒差で2番手に続く。ユーズドのミディアムタイヤを履くマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が3番手につけていたが、その後1分38秒209でルクレールを上回った。

 開始30分ほどして、サインツが新品のソフトタイヤを投入し1分36秒984をマーク。フェルスタッペンも同様に新品ソフトに履き替えたが、最初のアタックではターン12で止まりきれずエスケープゾーンに飛び出してしまった。このセッションでは何度かターン12でマシンが飛び出す光景が見られたが、フェルスタッペンはその後1分37秒132で2番手につけている。ルクレールもソフトで1分36秒660とトップに浮上し、角田は1分38秒750で10番手につけた。

 トップ6をフェラーリ、レッドブル、メルセデスが占めセッションの折り返しを迎える。その後ルクレールはこのソフトで11周を走行。その他のマシンも6〜10周ほど走っている。アロンソは1分36秒657とルクレールを0.003秒上回ってトップに立った。タイヤを変えたサインツ、フェルスタッペンもトップタイムを更新している。

 ルクレールは再度新品タイヤに履き替え、1分35秒265で再びトップに立つ。セッション後半は各車ロングランに取り組み、終盤は多くのマシンがミディアムに履き替えた。そんななか角田はハードタイヤを選択しており、リカルドはミディアムとアルファタウリは2台でタイヤをわけている。ルクレールはミディアムのロングランでも好ペースを見せており、そのままトップでセッションを終えルクレール、サインツ、アロンソというトップ3だった。4番手以下はセルジオ・ペレス(レッドブル)、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、フェルスタッペン、ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)となっている。