WRC世界ラリー選手権の日本ラウンド、2023年シーズン最終戦『ラリージャパン』は11月17日(金)にデイ2のSS2〜8が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合トップに立った。日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)を含む複数のドライバーがアクシデントに見舞われた、競技2日目のラリーを終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。

■Mスポーツ・フォードWRT
●オット・タナク(#8 フォード・プーマ・ラリー1)/デイ1総合8番手
「マシンに苦戦している。なんとか乗り越えるつもりだが、本当にうまくいかないんだ(SS6)」

「これはチャレンジなんかではない。なぜなら僕はとてもゆっくりドライビングしているだけで、他にできることが何もないからだ(SS7)」

「(サービスの後は)すべて問題ないはずだ。今はすべて正常に動作しているから、心配はない(SS8)」
※各SS後の公式インタビューより

■ヒョンデ・シェル・モビスWRT
●ティエリー・ヌービル(#11 ヒョンデi20 Nラリー1)/デイリタイア
「正直なところ、ステージは本当にタフだった。大雨が降って道路はドライブできたものではなかった。難しいコンディションには慣れているが、それにも限界があると思う」

「今日の午後の天気が良くなるとわかっていても、余計なリスクを取る理由はなかった。SS5のスタートラインを出発して、最初のコーナーでかなり大きなくぼみを通り抜けたが、グレーチングに行きあたってマシンのフロントのコントロールを失った」

「こうした幅の狭い道路では、ワイドに進むスペースがないので、木の間で立ち往生してサスペンションを破損してしまった。午前中は大雨のためにかなり速度を落としていたけれど、くぼみがこんなにきついとか、道路から弾かれるとかいったことは予想していなかったよ」

●エサペッカ・ラッピ(#4 ヒョンデi20 Nラリー1)/デイ1総合7番手
「僕たちはトラブルに巻き込まれずに済んだけれど、それは一番重要なことだ。多くの予想外の出来事や、ドライバーたちが滑りやすいコーナーで足を取られているのを目にしたからね」

「もちろん僕のペースは本来のペースには程遠かった。最後の方では良くなり始めたけれど、あまり素晴らしいものでもなかったから、明日はもっと良くなるように力を尽くすよ」

「もっとドライなコンディションを予想していたけれど、まだウエットタイヤが必要かもしれない。それでも僕は新品タイヤをたくさん取っておいたから、そのための準備はできているよ」

●ダニ・ソルド(#6 ヒョンデi20 Nラリー1)/リタイア
「自分自身とチームのことを思ってとてもがっかりしているけれど、本当に難しいコンディションだった。ステージ開始から11kmのところでブレーキが効かなくなった。アクアプレーニングが起き始めて、直進してしまったんだ。ブレーキに触れたら片側がロックアップしていた」

「それにフロントガラスに霧がかかって、少し気が散っていた。それまではステージを順調に進んでいたのだけどね。リスクは冒していなかったけれど、アクアプレーニングが起きたら何もできることはない。あのセクションはとくに滑りやすかったようだ。勝田(貴元)と(アドリアン・)フルモーも同じコーナーでアクシデントに見舞われていた」

■TOYOTA GAZOO Racing WRT
●カッレ・ロバンペラ(#69 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合3番手
「午前中のステージは本当にトリッキーだった。ものすごい雨量だったし、いたるところに水溜まりがあるなど、これまで経験したことがないような難しいコンディションだったよ」

「また、出走順がトップで路面の落ち葉や松葉を掃き飛ばしながら走らなければならなかったので、とにかく道の上に留まることを心がけた。午後は道も少しクリーンになり、自分たちのペースで走ることができタイムも上がったので、より楽しむことができた。明日はもう少し路面が乾いて、クリーンになり、走りやすいコンディションになってくれることを期待している」

●エルフィン・エバンス(#33 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合首位
「今晩、首位に立てたことを嬉しく思う。午前中は非常に難しいコンディションで、とくに多くの水溜まりがあったことに驚いた。だから、自分たちの走りをすることだけを意識していたが、非常に遅く感じられ、とくに朝最初のステージは非常に遅く感じていた」

「あのようなコンディションでグリップを判断するのは本当に難しく、判断を誤ると行き場を失うことになってしまう。午後はグリップがかなり良くなり、ミッドデイサービス後の最初のステージではそれを充分に活かすことができなかったが、その後少し良くなった。良い一日になったが、まだまだ長い距離が残っている」

●セバスチャン・オジエ(#17 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合2番手
「非常にチャレンジングな一日を終えることができて良かった。予想どおり、とてもトリッキーな一日だった。今朝は何よりもこのコンディションを乗り切ることが重要で、ドライビングを楽しむことは難しい状況だったが、なんとか乗り切ることができたよ」

「午後はコンディションが良くなり、もう少し運転を楽しむことができたが、それでもまだステージはチャレンジングで、SS5ではガードレールにぶつかるなど危ないシーンもあった。そのせいで今夜は我々のメカニックたちに少し余計な仕事をさせてしまったが、もっとも重要なのは彼らがクルマを直してくれたおかげで、ラリーを続けられるということだ」

「タイム差はかなり拡がってしまったが、チームにとってはポジティブな順位だから、それを最後まで維持したいと思う」

●勝田貴元(#18 トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合9番手
「ラリージャパン Day2 を終えて総合9番手」

「SS2でダメージを負い応急処置で走りましたが5分以上のロス。チームのおかげで車は直り、午後は3つのステージでトップタイム。最後まで諦めずに頑張ります!」
※X(旧Twitter)より