11月19日(土)、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2023』競技3日目“デイ3”が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合首位で最終日に駒を進めた。日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、前日から3つ順位を上げ総合6番手につけている。

■2023年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS16後
Pos.No.DriverMachineGap133E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー12h28'20.8217S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+1'15.0369K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1'40.644E.ラッピヒョンデi20 Nラリー1+3'09.358O.タナクフォード・プーマ・ラリー1+3'35.3618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3'50.2720A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+5'11.3824G.ミュンスター(WRC2)フォード・フィエスタ・ラリー2+5'19.6921N.グリアジン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+5'54.61022K.カエタノビッチ(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+12'51.6
※リザルトは編集部集計


【追記】
 既報ではSS15時点での勝田と5番手オット・タナク(フォード・プーマ・ラリー1)のギャップを3.6秒、同じく4番手エサペッカ・ラッピとのタイム差を33.7秒と伝えていたが、今朝のSS9後に勝田を含む4選手に付与されたノーショナルタイムが改定され、うち3選手を対象に再交付が行われた関係で総合4〜6番手のタイム差が増減している。再交付されたノーショナルタイムと対象者は以下のとおりだ。

・15'28.0/ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)
・15'27.4/オット・タナク(フォード・プーマ・ラリー1)
・15'33.0/エサペッカ・ラッピ(ヒョンデi20 Nラリー1)