11月16日から19日にかけて、愛知県と岐阜県にまたがって開催されたWRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2023』は、19日(日)に競技4日目“デイ4”のSS17〜22が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が優勝。チームメイトのカッレ・ロバンペラとセバスチャン・オジエのワールドチャンピオン経験者2名を抑えて今季3勝目を飾った。日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合5位でフィニッシュしている。

■2023年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS22後
Pos.No.DriverMachineGap133E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー13h32’08.8217S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+1’17.7369K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1’46.544E.ラッピヒョンデi20 Nラリー1+2’50.3518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3’10.368O.タナクフォード・プーマ・ラリー1+3’28.3720A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+7’33.7821N.グリアジン(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+8’49.6922K.カエタノビッチ(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+19’25.91035新井大輝プジョー208ラリー4+22’22.71126福永修(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+24’39.01225T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+27’53.01311T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+28’04.7
※リザルトは編集部集計