スーパーフォーミュラ、スーパーGTのふたつのカテゴリーで今季のチャンピオンに輝いた宮田莉朋が来季、FIA F2とELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)の両カテゴリーに参戦することがToyota Gazoo Racing(TGR)の2024年体制発表会で明らかになった。事前の噂はほとんどなく、サプライズとなったその経緯はどのようなものだったのか。宮田本人に聞くとともに、この挑戦がWECチャレンジプログラムの一環であることについて、中嶋一貴TGR-E副会長、そして小林可夢偉WECチーム代表兼ドライバーに発表会後のカコミ取材で聞いた。

「チーム名はまだ答えられませんけど、今、ほぼほぼチャレンジできる状況になって来ています。経緯としては、本当に彼がダブルタイトルを獲ったということが非常に大きいと思っています。話があったタイミングも、それでおおよそ想像がついて頂けると思います」と、まずはサプライズとなった今回のFIA F2参戦の経緯について話す中嶋一貴TGR-E副会長。

「話があった」という言葉のとおり、宮田のF2参戦は宮田やTGR側から画策したものではなかった。時系列的にはスーパーGT最終戦もてぎで宮田莉朋が坪井翔と共にau TOM'S GR Supraでタイトルを獲得した直後で、その後の決断は早かった。関係者によると、オファーから2〜3日後にはトップのモリゾウ氏、そしてTGR-E会長にしてトヨタ自動車社長でもある佐藤恒治氏、そして高橋智也Gazoo Racing Companyプレジデントの承認を得て、宮田のF2参戦が決まったという。

 宮田が、そのオファーとTGRの決定を受けた際の心境を振り返る。

「本当に突然の形だったので、正直、想像もしていなかった。一貴さんをはじめ、TGRのみなさんと来年に向けていろいろ話をして準備をしていた中で、まったく想像していない形で、FIA F2という挑戦が決まった。今もまだF2の件でバタバタはしているのですけど、本当にうれしい出来事です。僕としてやるべきことはTGRという名前を背負って、そしてモリゾウさんやTGRへの感謝の気持ちを忘れずに、しっかり来年も頑張るだけかなと思っています」と宮田。

 FIA F2は来季、F1が開催されるサーキットと同時開催で年間14ラウンドが予定されていることから、宮田の来季の国内参戦の可能性はなくなった。気になるのはF2が14戦、そして年間6戦が予定されているELMSのふたつの海外シリーズの優先順位だが、この件については中嶋一貴副代表が答えた。

「基本的にF2を全戦出場する。ただ、ELMSとは1戦しかバッティングしない予定なので、バッティングするときはF2を優先するということになりますけど、それ以外はELMSを戦っていくということになります」

 FIA F2への参戦が急きょ決まったことで、宮田の周辺は現在進行形で慌ただしくなっている。気になる所属チームについては、11月29日からアブダビで開催されるF2のシーズンオフテスト前には発表される模様。ちなみに、このテストでは宮田もそのチームから参加することが明言された。

「はい、テストに行って乗る予定です。それがF2の最初の仕事になります。シミュレーターはしていません、一般的にもF2(マシン)はシミュレーターにはないので、想像の中でやります(苦笑)」と宮田。

 FIA F2はF1への登竜門カテゴリーとして知られている。当然、宮田もFIA F2に参戦することが最終目的ではないが、F1についてはどのような意識でいるのだろうか。

「当然、活躍できればそれが道筋として開けてくると思います。とはいえ、今僕がやっているのはWECチャレンジプログラム。F2に参戦しつつELMSという耐久レースにも参戦できるので、僕はヨーロッパでのレースの経験がないので、そういった意味でヨーロッパのいろいなコースや文化を経験したいですが、もちろんそれだけではない。ドライバーは結果を残すことが第一ですので、その先に開けた道ができれば、そこに向かうだけかなと思っています」と宮田。

 そのFIA F2というカテゴリーの印象についても宮田は答えた。

「今年、リアム・ローソン選手がスーパーフォーミュラに来て、彼は(2022年)F2でランキング3位で終えて、今年日本に来たので、彼のパフォーマンスを見てもレベルの高いシリーズだというのはよくわかりますし、F2に来ているドライバーは当然、F1を目指しているドライバーもいますし、WECでハイパーカーに乗りたいというドライバーもいます。そういう意味でも全体的にレベルが高いカテゴリーだというのはわかっています。ただ、僕はスーパーフォーミュラでチャンピオンを獲ったドライバーのひとりとして、恥ずかしくないパフォーマンスをするだけかなと思っています」と宮田。

「スーパーフォーミュラはいったん、出なくなりますけど、今年リアム選手と戦っていろいろなことが経験できました。スーパーフォーミュラとF2のクルマの違いを見れるというのは自分にとってすごくいい機会なので、本当に楽しみです。当然、スーパーフォーミュラはレベルが高いですが、僕がF2で結果を残さないとそれも証明できないので、しっかり結果を残してスーパーフォーミュラのレベルの高さを証明したいなと思います」と、楽しみとともに日本を代表する大きな役割を担うことを自覚している宮田。

 その宮田のF2参戦は、あくまでWECチャレンジプログラムの一環だ。WECとフォーミュラカーレースはレースフォーマット、そして使用されるマシンの特性などまったく異なる点が多いが、今回の件でこのプログラムが大きく拡大進化したことが中嶋一貴副代表の言葉から明らかになった。

「ドライバーからすると、本当にドライバーとしてのキャリアのパスの選択肢がより増えて、より様々な経験ができるようになる。そういう機会をモリゾウさんが後押ししてくださったのはありがたいと思います。僕自信、WECチャレンジプログラムという名前の中で、どうしても耐久レースだけに頭が寄っていたところが、今回、F2への挑戦という形で莉朋がチャレンジできるというのは、本当に自分が想像していなかった以上のこと。そういう可能性が残っているというのは、本当にありがたいと思います」と一貴副代表。

「正直、やってみないとわからないことがたくさんある中ですけど、やってみないと結果は出ない。F2という場で莉朋がどんな結果を出してくれるのか個人的にも楽しみにしていますし、プレッシャーをかけるつもりはないですけど、いちファンとしても楽しみなチャレンジだと思います。その中で莉朋が感じるものをしっかりと走りに反映してもらって、できれば結果を出してもらいたい。さっきF1の話も出ましたけど、結果を出せばそういうチャンスも開けてくる場だと思いますので、そうなったら思い切って羽ばたいてもらってもいいですし、そうでなくてもWECで活躍してもらえる。いろいろな可能性が広がるチャンスだと思うので、そのチャンスをぜひ、活かしてもらいたいと思います」と、宮田に期待を寄せる。

 小林可夢偉WECチーム代表兼ドライバーも、自身がFIA F2の前身のGP2に参戦していたことと比較して、現在のFIA F2の参戦メリットを説明する。

「正直、僕はGP2にいい思い出がないので(苦笑)、彼(宮田)にそういう経験をさせたくないなという思いで、しっかりサポートしていきたいなと思います。僕らの時に比べて一番違うのは、今のF2はヨーロッパ以外のサーキットも走るんですよね。僕らのGP2の時はほぼヨーロッパのサーキットしか走っていなかった。そういう意味ではヨーロッパ以外のいろいろなサーキットを走れるというのはすごくいい経験になるんじゃないかなと思います」と可夢偉。

 中嶋一貴副代表も、その可夢偉の意見に付け加える。

「WECのサーキットはほとんどがF1、F2で走るサーキットが多い。ドライバーの経験としてもF2はレース数(14ラウンド)が多いですしね。なかなかこんなに経験できることはないと思います。ピレリタイヤの経験も含めて、いろいろ新しい経験になるんじゃないかな」

 まずは早速、11月29日からのFIA F2アブダビテストが注目されることになるが、やはり気になるのは所属チーム。何度もしつこく聞くオートスポーツwebスタッフに、トヨタ自動車/Gazoo Racing Companyのモータースポーツ担当部長を務める加地雅哉氏がヒントをくれた。

「やはり勝てないというか、いい経験があまり期待できないチームだと時間を無駄にしてしまう可能性が高いので、きちんとレースで勝負ができるチームといいますか、それなりのチームからのお話を頂いて進めているという状況です」と加地氏。

「僕らWECを戦うにあたっても、やはりヨーロッパでいろいろな経験をしたドライバーが戦うべきだと思っていますし、F2というカテゴリーがドライバーの成長にすごく役に立つと思っています。今回のチャンスを後押ししてくれたトップマネジメントの方々に感謝していますし、ダブルタイトルを獲ってヨーロッパからオファーを頂いたので彼自身が実力で掴んだチャンス、しっかり我々がサポートしていきたいなと思います」と続ける加地氏。

 新たな局面に突入したWECチャレンジプログラム。そのプログラムを支える世界を経験してきた多くの先輩ドライバー、そしてTGRスタッフたちの心強い後押しを受けて、国内最強となったドライバーが自らのパフォーマンスで新しい世界への扉を開け、その挑戦権を手にすることになった。