11月20日に名古屋市内で発表されたToyota Gazoo RacingのWRC、WECの2024年体制発表会。その会見で明らかになった、平川亮の2024年の参戦活動。会見直後の平川に来季の抱負、そして現在の心境について聞くとともに、平川、宮田が来季世界へ行くことでトヨタ陣営内での国内のシート争いが激しくなることが確実な状況となった。

 2024年の平川はWECのル・マン・ハイパーカー(LMH)クラスでトヨタ『GR010ハイブリッド』8号車で引き続き参戦すると同時に、今年のF1日本GP直前に発表されたF1マクラーレンのリザーブドライバーを継続することになる。世界選手権のふたつに関わるわけだが、来季の優先順位はどのような形になるのか。

「まずはWEC優先で、WECのレースを全部コンプリートして、その中でF1に帯同したり、シミュレーターをしたりとかをする予定です。(今週末11月24日からのF1最終戦)アブダビにも少し行きますが、(その直後のF1シーズンオフテストには)テストで乗るわけではありません。テストで乗るドライバーはもう事前に決まっていたので、乗れないんです。レースの帯同に行きます」と、平川。

「(自分自身)WECの参戦3年目で、来季は新しいメーカーもふたつ入ってきますので、そこでまずしっかり結果を出すのはもちろんのことで、その上でやっぱりF1のチャレンジを精一杯できればと思っています」と抱負を語る平川。

 WEC、そしてF1に帯同し、その合間もドイツ・ケルンのTMG-Eのファクトリー、そしてイギリスのマクラーレンのファクトリーでシミュレーターに乗ることからも、これまで2013年から2シーズン乗れなかった期間を含めて、今年まで参戦していたスーパーフォーミュラは来季、離れることになる。

「ちょうどスーパーフォーミュラが盛り上がってきたところで抜けるというのは、ものすごく寂しい気持ちがあります。スーパーフォーミュラを代表してではないですけど、日本を代表して世界に行くので、やっぱりそこは自信を持って、僕は日本で育ったので、そういったところを世界で証明できればなと思います」と平川。

 愛着あるスーパーフォーミュラは卒業ということになるが、その『卒業』という言葉に、平川は複雑な気持ちを持っている。

「『卒業』ではなく『来年は参戦しない』ですね。卒業したら戻って来られなくなる(苦笑)。いったん、世界へチャレンジします」と話しつつ、恩師であるチームインパル星野一義総監督について聞く。

「(星野監督からは)『ここから出て行って、世界へ羽ばたけ』とずっと言われていたので、今回のことをすごく嬉しがってくれていて、自分よりもすごく嬉しがってくれた感じで(笑)、すごくほっこりしています。星野さんは本当に自分の背中を押してくれて、ありがたかったです」と、平川は恩師にこれまでの感謝を述べた。

 平川のいったんのスーパーフォーミュラ卒業と合わせ、今回の体制発表ではトヨタ陣営のスーパーフォーミュラはチャンピオンの宮田莉朋、そして平川亮の2名が抜けることが確実になった。トップドライバーの離脱、そして宮田莉朋のトムス、そして平川のインパルと、これまた国内トップチームのふたつのシートが開くことで、来季のスーパーフォーミュラのトヨタ陣営内で、大きな動きが起こることは必然となった。

 オートスポーツweb編集部でこれまで得た情報をまとめると、来季に向けてのスーパーフォーミュラのストーブリーグは例年になく、混迷を極めていると言われる。シーズン終盤にはロシア出身の元F1ドライバー、ダニール・クビアトがスーパーフォーミュラに興味を持っている報道があったが、トヨタ陣営の複数のチームにもオファーがあったと聞く。

 クビアトの所属チームが決まったという情報はまだないが、他にもかなりの数の外国人ドライバーが各チームに問い合わせてしている中で、トヨタ陣営としてもスーパーフォーミュラ・ライツのステップアップ、既存のドライバーの希望とチームの意向を含め、シートを決めるのに頭を悩ませる状況が続いているという。

「チームインパルも来季、新しいドライバーが入るので、そのあたり、ちょっと自分も誰になるのか気になります」と、平川も自分の後任を気にする中、12月6日から鈴鹿サーキットで開催されるスーパーフォーミュラの公式合同テスト&ルーキー・ドライバーテストがひとつの目安となることは間違いない。

 今回のWRC、WECの体制発表の場で、トヨタ自動車/Gazoo Racing Companyのモータースポーツ担当部長を務める加地雅哉氏にも取材を行ったが、国内の体制発表に関しては「まだ決まり切っていない部分がありまして」と、話すに留まった。

 年内にはその全容が明らかになるとも噂されているトヨタ/GR陣営の国内ラインアップ。新規で加入するドライバーの名前とともに、平川、宮田の後任は果たして誰が務めることになるのだろうか。