2023年シーズンのF1の最終戦は今週末にアブダビで開催されるが、ここは2014年以来毎年最終戦の場となっている。そのアブダビGPのフリー走行1回目に参加するルーキードライバーのラインアップが明らかになった。

 F1のレギュレーションでは、各チームはグランプリへの出走経験が2回以下の若手ドライバーを、シーズン中に2回FP1で起用しなければならない。アブダビGPのFP1でルーキーを乗せる最後の機会を利用するために、F1の10チームのうちアルファタウリを除く9チームが、新たな才能の持ち主を起用するかおなじみのドライバーを呼び戻すことになる。

 以下はFP1で走行する、チームごとのドライバー一覧だ。

■レッドブル:ジェイク・デニス、アイザック・ハジャル
 マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、金曜日の午後は1時間余計に休憩を取れるだろう。レッドブルは2台のマシンを最も才能あるふたりのジュニアドライバーたちに託す。フォーミュラE世界チャンピオンのジェイク・デニスは、レッドブルで初めての公式セッションに臨む。一方ハイテック・パルスエイトからFIA F2に参戦中のアイザック・ハジャルは、メキシコシティGPでアルファタウリからFP1に参加しており、今回は彼のスキルを披露する2回目の機会ということになる。

■フェラーリ:ロバート・シュワルツマン
 フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)の優秀なメンバーであり、イスラエルのライセンスを持つロシア人ドライバーのロバート・シュワルツマンは、特にマラネロでのプライベートテストにおいて、F1マシンですでに多くの走行距離を重ねている。シュワルツマンは、シャルル・ルクレールに代わってFP1を走行する。

■メルセデス:フレデリック・ベスティ
 ルイス・ハミルトンは彼のW14をデンマーク出身のルーキーであるフレデリック・ベスティに託すことになる。ベスティは10月にメキシコシティGPのFP1でマシンをドライブしたが、今回またチームに戻る。ベスティはまた、今週末のFIA F2選手権でタイトルを争うことになるが、首位のテオ・プルシェールとの差は25ポイントだ。

■アルピーヌ:ジャック・ドゥーハン
 ジャック・ドゥーハンはFP1でエステバン・オコンのマシンを引き継ぐ。ドゥーハンも今年、メキシコで初めてA523をドライブしたが、またこのマシンのコクピットへ戻ることになる。

■マクラーレン:パト・オワード
 若きインディカーのスターであるパト・オワードは、1年前にヤス・マリーナで公式のF1デビューを果たしている。つまりオワードにとって、今回はマクラーレンで2回目のFP1だ。また、2024年もマクラーレンのリザーブドライバーを務めることが決まった。

■ハース:オリバー・ベアマン
 才能あるフェラーリのジュニアドライバーであるベアマンは、先月メキシコでハースからFP1に参加し、馴染みのマシンに戻る。ベアマンはニコ・ヒュルケンベルグに代わってVF-23をドライブする。

■アルファロメオ:テオ・プルシェール
 テオ・プルシェールにとって重要な週末だ。FIA F2選手権で現在首位に立つプルシェールは、アブダビでタイトル獲得を狙う一方で、金曜日はアルファロメオで今年2回目のFP1走行を行う。

■アストンマーティン:フェリペ・ドルゴヴィッチ
 フェリペ・ドルゴヴィッチは今年アストンマーティンの公式リザーブドライバーを務めているため、AMR23の乗り方は心得ている。ドルゴビッチは、ランス・ストロールが自転車事故のために欠場したプレシーズンテストで走行したのだ。また、モンツァでのFP1でも24周を走行している。

■ウイリアムズ:ザク・オサリバン
 ウイリアムズのジュニアドライバーであるザク・オサリバンは、ヤス・マリーナでのFP1でアレクサンダー・アルボンのマシンに乗り込む。オサリバンはFIA F3選手権のシーズンを2位で締めくくり、2024年はFIA F2に昇格する。オサリバンにとって、これがF1の公式セッションデビューとなる。