11月26日、2023年MotoGP第20戦バレンシアGP MotoGPクラスの決勝がスペインのリカルド・トルモ・サーキットで開催され、フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が優勝を獲得した。これにより、バニャイアは2022年シーズンに続き、2年連続のチャンピオンに輝いた。

 バニャイアは1997年1月14日生まれ、現在26歳のイタリア出身のライダーだ。2013年にMoto3クラスでデビュー、2016年には2勝を含む6度の表彰台を獲得してランキング4位を獲得している。2017年からはMoto2クラスに昇格。2018年には8勝を含む12度の表彰台を獲得し、年間チャンピオンに輝いている。

 2019年からMotoGPクラスに参戦。2年間、ドゥカティのサテライトチームであるプラマック・レーシングで戦った。2021年からはファクトリーチームのドゥカティ・レノボ・チームから参戦し、初年度は6度のポールポジションと4勝を含む9回の表彰台を獲得、ランキング2位で終え、コンストラクターズチャンピオンとチームチャンピオンのタイトル獲得に貢献した。

 そして、2022年は2勝を含む計10回の表彰台を獲得して、年間タイトルを獲得。コンストラクターズとチームチャンピオンも獲得して、2007年以来の2度目となる悲願のトリプルクラウンを達成した。チャンピオンナンバーを掲げて戦った2023年は、19戦カタールGP終了時点において決勝で6勝を含む13回の表彰台を獲得。スプリントでは4勝を達成していた。

 なお、2023MotoGP第19戦カタールGPのスプリントレースで、ランキング2位につけていたホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)が優勝を飾ったことで、王座決定は最終戦の第20戦バレンシアGPへと持ち越されたが、カタールGP決勝ではバニャイアが2位、マルティンが10位となったことで、ポイント差は21となった。そして、バレンシアGPのスプリントでマルティンが優勝を飾ったことで、ポイント差は14に迫り、決勝を迎えることになった。

 バレンシアGP決勝ではオープニングラップから直接対決となったが、接触により順位を下げたマルティンが6周目に転倒を喫す。レースは転倒が相次ぎ、波乱の内容となったが、最終的にバニャイアが優勝を飾り、2年連続ワールドチャンピオンに輝いた。