11月27日、WEC世界耐久選手権は2024年シーズンの暫定エントリーリストを発表した。来季は従来の3クラスから2クラスにカテゴリーが減少するが、グリッドには制限値いっぱいの37台が並ぶ予定だ。

 来年3月にカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで開幕戦が行われる2024年のWECは、既報のとおりLMP2クラスとLMGTEアマクラスが廃止され、後者に代わって新設される“LMGT3”と、最高峰カテゴリーである“ハイパーカー”の2クラス制で実施される。

■ハイパーカークラスに計19台が参戦

 TOYOTA GAZOO Racingなどすでにいくつかのチームがドライバーラインアップを発表しているハイパーカークラスには、既存メーカーのトヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェ、キャデラックの5社に、“新顔”のランボルギーニとBMW、アルピーヌ、さらにはイソッタ・フラスキーニの4社が参入し、参加ブランド数は計9つに。2012年に現行シリーズが開始されて以来、最多となる19台のプロトタイプカーがトップカテゴリーのグリッドに並ぶこととなった。

 一方、ハイパーカー初年度の2021年からプライベーターとして参戦していたグリッケンハウス・レーシングと、昨年ハイパーカークラスデビューを果たしたフロイド・ヴァンウォール・レーシングチームはともにリストから姿を消している。

 ル・マン・ハイパーカー(LMH)規定のハイブリッド車を走らせるTOYOTA GAZOO Racingとプジョー・トタルエナジーズは今季と同様に2台体制を敷く。また、LMDhマシンを投じるキャデラック・レーシングのシングルカー体制も2023年から変わらない。

 既存メーカーの中で変化があるのは“ル・マンウイナー”のフェラーリ・AFコルセで、ワークスカーが2台であることに変わりはないが、リシャール・ミル・AFコルセのゼッケン“83”を受け継いだ3台目の『フェラーリ499P』が登場する。ポルシェもファクトリーマシンの数は同じながらカスタマーチームであるハース・チーム・JOTAが2台目のマシンを送り込むことで、プロトン・コンペティションの99号車と合わせて総勢5台体制となった。

 ニューカマーでは、今シーズンのLMP2クラスでシリーズチャンピオンを獲得し満を持してトップカテゴリーに乗り込むBMW MチームWRTが、2台の『BMW MハイブリッドV8』で参戦する。ミック・シューマッハーら6名のドライバーを発表したアルピーヌ・エンデュランス・チームも新車『A424』のペアを走らせる予定だ。

 一方、ランボルギーニ・アイアン・リンクスは前述の2メーカーと同じくLMDhマシンを走らせるが、こちらは『ランボルギーニSC63』1台のみのエントリーとなっている。ゼッケンナンバーはもちろん“63”だ。

 新規チームの中で唯一のLMHメーカーあるイソッタ・フラスキーニもシングルカーでの出場となり、2023年の参戦を目指していたイタリアの老舗ブランドが手掛けた『ティーポ6-C(以前はティーポ6 LMHコンペティツィオーネと呼称)』がいよいよWECデビューを果たすことになる。なお同社とパートナーシップを結んでいたベクター・スポーツは、イソッタ側の契約違反を主張しLMHプログラムから離脱している。

■LMGT3に佐藤万璃音とDステーションが参戦へ

 GT2時代から長く続いたLM-GTEカテゴリーの終焉にともない、来季2024年は“LMGT3”という新しいクラスが立ち上げられる。この新カテゴリーの登場はLM-GTEよりも多彩なモデルラインアップを誇るFIA GT3カーによる闘いがWEC/ル・マンで繰り広げられることを意味し、初年度にはヨーロッパとアメリカ、そして日本のGT3カーが激突することとなった。

 参戦メーカーはフェラーリ(AFコルセ)、ポルシェ(マンタイ)、BMW(チームWRT)、ランボルギーニ(アイアン・リンクス)、アストンマーティン、マクラーレン(ユナイテッド・オートスポーツ)、シボレー(TFスポーツ)、フォード(プロトン・コンペティション)、レクサス(アコーディスASPチーム)の計9社だ。

 一方、非ワークスチームが参加するプロ・アマカテゴリーであるLMGT3では、グリッド枠の関係で参戦台数やメーカーに一定の制限がかけられた。そのうちのひとつが1ブランド2台までというもの。これによりほとんどのGT3メーカーが1チーム2台体制を敷いている。

 唯一の例外はアストンマーティンで、今シーズンのLMGTEアマクラスを戦ったハート・オブ・レーシングチームと、日本のDステーション・レーシングが1台ずつ改良型バンテージGT3を走らせる見込みだ。このためLMGT3の最初のシーズンは10チーム、計18台で争われることになる。

 なおアストンマーティンはこれに当てはまらないが、LMGT3の参加枠はハイパーカークラスに参戦しているブランドにグリッドの“優先権”が与えられている。フェラーリをはじめ、ポルシェ、BMW、ランボルギーニ、GM(キャデラック/シボレー)、レクサス(トヨタ)がこの対象だ。

 これらのメーカー以外では前述のイギリス車メーカーとフォード、そして佐藤万璃音がドライブすることになったマクラーレンが選ばれたが、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパなどで成功を収めているメルセデスAMGは、近年のWEC/ル・マンから“遠い存在”であるためか選出されず。また、2023年限りでワークス活動を終了しカスタマーサポートにシフトすることを発表している、かつての“耐久王”アウディもLMGT3メーカーリストに入らなかった。

 ロサイル・インターナショナル・サーキットでの開幕戦を皮切りに、イモラ、スパ・フランコルシャン、ル・マンへと続き、後半戦はサンパウロ、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、富士スピードウェイ、そして全8戦のフィナーレをバーレーンで迎えるWEC・2024年シーズンの暫定エントリーリストは以下のとおりだ。

■WEC世界耐久選手権 2024年シーズン暫定エントリーリスト(11月27日付)
Pos.No.ClassTeamCarDriverTyre12 HYPERCARキャデラック・レーシングキャデラックVシリーズ.RE.バンバーA.リンTBCMI25 HYPERCARポルシェ・ペンスキー・モータースポーツポルシェ963M.キャンベルM.クリステンセンF.マコウィッキMI36 HYPERCARポルシェ・ペンスキー・モータースポーツポルシェ963K.エストーレA.ロッテラーL.ファントールMI47 HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドM.コンウェイ小林可夢偉N.デ・フリースMI58 HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドS.ブエミB.ハートレー平川亮MI611 HYPERCARイソッタ・フラスキーニイソッタ・フラスキーニ・ティーポ6-CTBCA.ガルシアJ-K.ベルネイMI712 HYPERCARハーツ・チーム・JOTAポルシェ963W.スティーブンスTBCTBCMI815 HYPERCARBMW MチームWRTBMW MハイブリッドV8D.ファントールTBCTBCMI920 HYPERCARBMW MチームWRTBMW MハイブリッドV8S.ファン・デル・リンデTBCTBCMI1035 HYPERCARアルピーヌ・エンデュランス・チームアルピーヌA424M.バキシビエールTBCTBCMI1136 HYPERCARアルピーヌ・エンデュランス・チームアルピーヌA424N.ラピエールTBCTBCMI1238 HYPERCARハーツ・チーム・JOTAポルシェ963O.ラスムッセンTBCTBCMI1350 HYPERCARフェラーリ・AFコルセフェラーリ499PA.フォコTBCTBCMI1451 HYPERCARフェラーリ・AFコルセフェラーリ499PA.ピエール・グイディTBCTBCMI1563 HYPERCARランボルギーニ・アイアン・リンクスランボルギーニSC63M.ボルトロッティTBCTBCMI1683 HYPERCARAFコルセフェラーリ499PR.クビサTBCTBCMI1793 HYPERCARプジョー・トタルエナジーズプジョー9X8P.ディ・レスタTBCTBCMI1894 HYPERCARプジョー・トタルエナジーズプジョー9X8L.デュバルTBCTBCMI1999 HYPERCARプロトン・コンペティションポルシェ963H.ティンクネルTBCTBCMI2027 LMGT3ハート・オブ・レーシングチームアストンマーティン・バンテージGT3I.ジェームズTBCTBCGY2131 LMGT3チームWRTBMW M4 GT3TBCTBCA.ファーフスGY2246 LMGT3チームWRTBMW M4 GT3TBCV.ロッシTBCGY2354 LMGT3ビスタ・AFコルセフェラーリ296 GT3T.フローF.カステラッチD.リゴンGY2455 LMGT3ビスタ・AFコルセフェラーリ296 GT3F.エリオS.マンA.ロベラGY2559 LMGT3ユナイテッド・オートスポーツマクラーレン720S GT3エボTBCTBCG.ソーシーGY2660 LMGT3アイアン・リンクスランボルギーニ・ウラカンGT3エボ2C.スキアボーニTBCTBCGY2777 LMGT3プロトン・コンペティションフォードGT GT3TBCTBCB.バーカーGY2878 LMGT3アコーディスASPチームレクサスRC F GT3TBCTBCK.ファン・デル・リンデGY2981 LMGT3TFスポーツシボレー・コルベットZ06 GT3.RTBCTBCC.イーストウッドGY3082 LMGT3TFスポーツシボレー・コルベットZ06 GT3.RTBCTBCD.ジュンカデラGY3185 LMGT3アイアン・デイムスランボルギーニ・ウラカンGT3エボ2TBCTBCM.ガッティンGY3287 LMGT3アコーディスASPチームレクサスRC F GT3TBCTBCJ-M.ロペスGY3388 LMGT3プロトン・コンペティションフォードGT GT3R.ハードウィックTBCTBCGY3491 LMGT3マンタイEMAポルシェ911 GT3 RTBCTBCR.リエツGY3592 LMGT3マンタイ・ピュアレクシングポルシェ911 GT3 RA.マリキンJ.シュトームK.バハラーGY3695 LMGT3ユナイテッド・オートスポーツマクラーレン720S GT3エボTBC佐藤万璃音TBCGY37777 LMGT3Dステーション・レーシングアストンマーティン・バンテージGT3TBCTBCM.ソーレンセンGY