トヨタの北米法人とTRD U.S.A.は、現地11月27日付けで2024年のNASCARカップシリーズに投入する新型モデル『トヨタ・カムリXSEレースカー』を発表。過去2年間で18勝と25回のポールポジションを獲得した成功作『トヨタ・カムリTRD』を引き継ぐNext-Gen規定モデルとして、同じくベースモデルを刷新した第7世代のフォード・マスタング“Dark Horse(ダークホース)”カップカーや、シボレー・カマロZL1カップカーの打倒を目指す。

 1973年にトヨタ自動車がアメリカに設立したデザインスタジオ“Calty(キャルティ)”の手による新たなボディワークは、直近にも発表された2025年型『トヨタ・カムリXSE』の特徴を可能な限り忠実に再現するべく協業し、最新のスリムでワイドなヘッドライトと結びついた上部グリルスロットを備えたフェイシアや、特徴的なハンマーヘッド・スタイルのフロントマスクを採用する。

 さらに大型化されたロアグリル外側にはC字型のコーナーベントが設けられ、ボンネットには新しいキャラクターラインとダクトアウトレットを設定。リヤではクォーターパネルのスタイルが変更され、アップデートされた薄型テールライトとともに、後部の面取りされたコーナーがリヤバンパーと一体化する処理とされた。

「2024年型カムリXSEレースカーは、新しい量産型カムリで示されているように、トヨタの細部へのこだわりを適切に強調することになるだろう。我々はこのクルマをレーストラックに投入し、今後何年も成功を収め続けることに興奮している」と期待を込めるのは、北米トヨタでモータースポーツグループマネージャーを務めるポール・ドレシャル。

「このクルマの生産に費やされた労力はどれだけ誇張してもし過ぎることはない。パートナーチームが勝利とチャンピオンシップを競うべく、最高のクルマを作成するため努力してくれたTRDとキャルティ・デザインの全員に感謝している」

■「カムリの伝統を継続できるのが楽しみ」とTRD U.S.A.のウィルソン社長
 今季2023年のカップシリーズで10勝を記録したトヨタ陣営は、引き続き来季も3大ナショナルシリーズすべてに参戦する唯一のマニュファクチャラーとなり、エクスフィニティ・シリーズにはGRスープラ、クラフツマン・トラック・シリーズにはタンドラTRDプロを投入。カップでは3度のタイトルと通算180勝、同エクスフィニティでは4冠と通算201勝、そしてクラフツマンでは実に9冠と228勝の積み重ねに、さらなる栄誉を付け加えることを目指す。

「NASCARにおけるトヨタの存在感の基盤は、レーストラック内外での継続的な改善への取り組みだ。当社のカムリXSEレースカーはその信念を強化し、まったく新しい量産型トヨタ・カムリの主要な設計特性を正確に反映している」と続けたのは、TRD U.S.A.社長のデビッド・ウィルソン。

「2024年シーズンに向け準備を進めるなかで、レースチームやパートナーと緊密に連携し、新設計のカムリXSEレースカーのパフォーマンスを最適化していく。栄光の『カムリ』のネームプレートのもとで周回をリードし、レースに勝利し、チャンピオンシップを争うという伝統を継続できるのが楽しみだ」

 来季2024年2月4日にL.A.メモリアル・コロシアム内で開催される開幕エキシビション『クラッシュ・アット・ザ・コロシアム』で実戦デビューを飾るトヨタ・カムリXSEレースカーは、既報のとおり新たにトヨタ陣営に加入するエリック・ジョーンズとジョン-ハンター・ネメチェク所属のレガシー・モータークラブの追加により、従来のジョー・ギブス・レーシングの4名(デニー・ハムリン/マーティン・トゥルーエクスJr./クリストファー・ベル/タイ・ギブス)や23XIレーシングの面々(ダレル“バッバ”ウォレスJr./タイラー・レディック)を加えた総勢8台がグリッドに並ぶ。

 こうしてベースモデルを更新したフォードとトヨタに対し、シボレーはカマロの生産終了が迫っているため車体を更新しないことを選択。同社は今後の競合車種とブランドを「まだ検討中」としている。