F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングが他を圧倒したを2023年シーズンを終えて、2024年シーズンのチャンピオンシップ争いは接戦となるだろうと語った。

 フェルスタッペンは、6戦を残した第18戦カタールGPで自身3回目のドライバーズタイトルを獲得し、最終的に575ポイントを獲得。一方、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に大きく差をつけ、ドライバーズランキング2位となったチームメイトのセルジオ・ペレスの獲得ポイントは285ポイントだった。

 チームタイトルに関してはさらに早く、第18戦日本GP終了時点でレッドブルがコンストラクターズタイトルを手にした。レッドブルは最終的にチームランキングで合計860ポイントを獲得したが、直近のライバルであるメルセデスと比べるとその獲得ポイントは2倍以上だ。

 2023年のレッドブルがあまりにも圧倒的かつ優位にあったため、もっと接戦が繰り広げられるようにFIA国際自動車連盟とF1が介入して対応をすべきだという声が出てきた。

 しかしドメニカリはそうした呼びかけに抵抗し、2024年シーズンはもっと接戦になると予想していると述べている。また、チームはシーズン中に実際に急速に進歩できるとして、マクラーレンを例に挙げた。

「スポーツの面に関しては、マックスに祝意を伝えたい。成熟度の基準の観点から、レッドブルは印象的だった。すべてのチームの目標は、エンジニアリングのレベル、能力のレベル、改善の能力を示すことだと私は確信している」と、ドメニカリはアブダビGPの最中、『Sky Sports F1』に語った。

 2021年まではメルセデスが主導権を握っていたが、予算制限やマシンのグラウンドエフェクト化を含む新レギュレーションが施行されたことで、パワーバランスはレッドブルにとって有利な方へ変化した。

 エイドリアン・ニューウェイの設計による、レッドブルのマシンのパフォーマンスに匹敵するチームは他にはなかった。しかしアストンマーティンは、2023年開幕前に驚異的な進歩を達成し、2023年シーズン序盤にトップ集団の一員として頭角を現した。

 マクラーレンはスタートは不振だったが、オーストリアで新たなアップデートを投入して以降、シーズン後半ではレース優勝を争う真の勢力になった。そして終盤のレースでは、アルファタウリのパフォーマンスも大幅に向上した。

「予算制限のせいでマシン開発ができないと言う評論家には、それが正しくないことをマクラーレンが証明していると言っておこう」とドメニカリは語った。

 2026年にパワーユニット・レギュレーションの大幅な刷新が実施されることを考えると、ドメニカリは2023年シーズンのレッドブルの圧倒ぶりを理由とし、暫定的な措置を取る意味はないと考えている。

「非常に重要な2年間がある。おそらくパワーユニットなどの新たなバランスに関する変化が起きるからだ」と、ドメニカリは主張した。

 そしてドメニカリは、これまでにレッドブルが最強のパフォーマンスを見せたものの、他のチームはすでに非常に近いところまで追いついていると付け加えた。

「予選を見ると、20台のマシンの差は1秒を切っている。つまり予選は非常に接戦だ」と、ドメニカリはアブダビGPでの予選結果を指して口にする。

「もちろん、レースペースに違いはあるが、2024年はこの点に関しても大きな違いが見られるだろうと考えている」