12月1日、ホンダ・レーシング(HRC)は12月3日に栃木県のモビリティリゾートもてぎで開催される『Honda Racing THANKS DAY 2023(ホンダレーシングサンクスデー2023)』に、療養していた山本尚貴が来場することをSNSで発表した。

 2023年9月にスポーツランドSUGOで行われたスーパーGT第6戦の決勝レース中に大クラッシュを喫してしまった山本。ステアリングを握っていたSTANLEY NSX-GTは、最終コーナー立ち上がりからホームストレートに向かうときにGT300車両と接触。コントロールを失ったマシンはアウト側ガードレールに衝突し、上方に跳ねた後に空中で1回転して着地、車両が全損する大きなアクシデントに見舞われた。

 山本は即座にドクターヘリで病院に搬送され、その後の精密検査で『外傷性環軸椎亜脱臼』および『中心性脊髄損傷』との診断を受けて入院。残りのレースを欠場し療養を続けていた。欠場していた間は、STANLEY NSX-GTに『フッカツヲマツ!』の文字が入れられ、スーパーフォーミュラの現場では親しいドライバーや関係者が山本のキャップを被るなど、多くのレース関係者とファンから応援されていた。

 そんな山本は、11月18日に自身のSNSを更新して退院したことを明らかにし「2カ月振りに帰宅した自宅では熱烈な歓迎を受けました」と報告していた。そこからおよそ3週間が経ち、ホンダ・レーシングは12月3日のホンダ・レーシング・サンクスデー2023に山本が来場することを発表した。

 すでにイベント公式サイトの出演予定ドライバーのページにも山本の名前が追加されており、スーパーGTで所属するTEAM KUNIMITSUも「山本選手フッカツ! Premiumピットウォークでは牧野(任祐)選手とともに皆さまをお迎えします😊✨」と引用投稿を行っている。

 なお、ホンダレーシングサンクスデー2023でのTEAM KUNIMITSUは、2018年にタイトルを獲得したRAYBRIG NSX-GTが1日限りで復活走行を行うことおよび、チームスタッフのウェアやドライバーのレーシングスーツなどは2020年の『RAYBRIG』仕様になることを明らかにしている。

 ホンダレーシングサンクスデー2023では、復活を果たす山本が元気な姿を見せてくれると同時に、ファンからも盛大な声援を送りたいところだ。イベントの詳細については公式サイト(https://www.honda.co.jp/motorsports/hrtd/2023/)を確認してほしい。