12月3日に静岡県の富士スピードウェイで開催されたニスモフェスティバル2023。イベントはコースでのデモ走行やステージなどでのイベントプログラムがすべて終了し、2万7000人のニッサン/ニスモ、モータースポーツファンが見守るなかフィナーレを迎えた。

 コロナ禍で一時開催が中断される年があったものの、昨年3年ぶりに復活したニスモフェスティバル。24回目の開催となる今年は“サステナブルなモータースポーツへの挑戦”をテーマに、電動化技術やCNF(カーボンニュートラルフューエル)を活用した車両、ニッサンのモータースポーツ史に欠かせないマシンたちによるさまざまなコンテンツが用意された。

 会場となった富士スピードウェイでは、早朝からのニスモロードカーオーナーたちによるパレードランを皮切りに、ニッサン・ヒストリックカー・エキシビジョンレース、デモランを行うマシンたちのウォームアップ走行、ウェルカムセレモニーなど、正午ごろまでイベントは盛りだくさんとなり、パドックエリアも多くのお客さんで賑わいをみせた。

 12時10分から行われたウェルカムセレモニーでは、参加ドライバーを代表して松田次生が開会宣言。その後の『Sustainable Motorsports』では電動車両のフォーミュラEやCNF(カーボンニュートラルフューエル)を使用するスーパーGT GT500クラスのMOTUL AUTECH Zがデモ走行を行い、続く『NISSAN MOTORSPORTS HERITAGE RUN 〜HISTORY SKYLINE〜』ではニッサンのモータースポーツ史を彩ってきた歴代スカイラインがサーキットを駆け抜けた。

 そんなニスモフェスティバル2023は14時からのグリッドウォークを挟み、イベントの名物となっているニスモGPに移った。この模擬レースにはスーパーGT GT500、GT300、スーパー耐久ST-X、ST-Z、ST-3といった各クラスで活躍するニッサンレーシングマシンが出走。デモレースとは思えないほどの白熱したバトルが繰り広げられた。

 残念ながらMARELLI IMPUL Zが駆動系のトラブルにより参加が叶わなかったものの、Niterra MOTUL Zを先頭に12周のレースが夕焼けのなか幕を開ける。その後は2番手スタートのMOTUL AUTECH Zがトップに躍り出ると、そのまま逃げるかと思われたが、ピットインの際に出走できなかった平峰一貴とベルトラン・バゲットがドライバー交代を妨害するというまさかのアクシデントで後退し、Niterra MOTUL Zが優勝を飾った。

 なお、妨害を行ったインパルコンビに対しては『妨害行為』が認定され、“晩御飯抜き”のペナルティが科されている。そのほかにも5ZIGEN GTR GT3はピットレーン速度違反による“フェスティバル撤収手伝い(人手不足)”が判定されている。

 レース終了後には放送席で解説を務めた星野一義が「ウチ(TEAM IMPUL)のクルマが出ていないから魅力に欠けるね(笑)」と本音をポロリする場面こそあったが、イベントのメインコンテンツでもあるニスモGPは今年も白熱の戦いのうちに幕を閉じた。



 15時35分からは、早くもイベントのフィナーレがホームストレートで行われた。そのセレモニーでは2023年シーズンをもってGT500での活動を終了するミシュランタイヤへの感謝がNMCの片桐隆夫CEOから以下のように語られた。

「ミシュランさんとは、15年に渡り良いパートナーシップで一緒にレースをすることができて本当に良かったです。その間には何回も勝ち、そして何回も負けましたけれども、総じて言えば非常に良いパートナーシップだったと思います。ミシュランさんがいなくなってしまうのは寂しいですが、学んだことはたくさんあります。ぜひ、また一緒に仕事ができることを祈念しております。本当にありがとうございました」

 片桐CEOから言葉を贈られた日本ミシュランタイヤの小田島広明モータースポーツダイレクターは「このような素晴らしい場を設けていただきありがとうございます。GT500クラスでのレースは、レーシングチーム、ドライバーだけでなく、我々タイヤメーカーにとっても非常に大きなチャレンジでした」と述べた。

「そのGT500で2009年から2023年までの15年間、ニスモさんを始め、ハセミモータースポーツさん、モーラさん、B-Maxさんと組ませていただき、我々は大きな学びがありました。そして、今年我々のタイヤを使っていただいてるロニー選手、松田選手、千代選手、高星選手、そして多くのニッサンドライバーたちからもたくさんのコメントや評価を頂戴し、我々も気づきをいただきました。最後になりますが、ニッサン応援団、ニスモファン、ミシュランファン、みなさまの声援が我々にとって非常に大きな力になりました。本当にありがとうございました」

 フィナーレの最後には、ニッサン・フォーミュラEマシンと2024年に向けて開発が進めらているニッサンZ GT500が登場して華を添えると同時に、日産自動車の内田誠社長がニスモフェスティバル2023に来場したファンたちに感謝の言葉を述べた。

「今日はニッサン/ニスモファンの熱い熱気を肌で感じることができて、本当に嬉しかったです。ニッサンは今年90周年を迎えます。これからもみなさんに『ニッサンって良いクルマを出すよね』『ニッサンはモータースポーツに必要』と言っていただけるように頑張って参ります」

 続く片桐CEOは、ファンたちに感謝の言葉を語ると同時に、ニッサンの2023年シーズンを振り返った。

「GT500クラスで言えば、全ニッサン系4チームが全力を尽くして戦ってきましたが、最後はチャンピオンを穫ることができませんでした。やはりタイトルを獲れなかったのは本当に悔しい限りですし、みなさまにこのことはお詫びをして、来年の雪辱を誓いたいと思います」

「2024年の新型車両も現在懸命に開発しています。ぜひとも期待していただきたいです。また、来年にはフォーミュラEの東京大会が3月に開催されます。日本メーカーのなかで唯一参戦しているニッサンとして、日本のファンの前でエキサイティングな走りを見せたいというふうに思っております」

 片桐CEO「今年一年間、支えてくださった多くのファン、そしてさまざまなカテゴリーでニッサン車両を使用して戦ったすべての方、応援団、我々を支えてくれたすべてのみなさまに御礼を申し上げます。本年度はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします」と締めくくり、2万7000人が来場した2023年のニスモフェスティバルは幕を下ろした。