12月4日、B-Max Racing Teamは12月6〜8日に鈴鹿サーキットで開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同/ルーキードライバーテストに参加するドライバーラインアップを発表した。

 50号車は2023年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)チャンピオンの木村偉織がステアリングを握る。51号車はSFLランキング3位の小出峻と、インディNXTやIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権を戦ったノーラン・シーゲルがドライブすると明らかにされた。

 2023年シーズン、松下信治、ラウル・ハイマンという布陣でスーパーフォーミュラに挑んだB-Max Racing Team。前年に1勝を飾ったものの、2023年シーズンは苦戦が続き、チームランキングは4ポイント獲得の12位という成績だった。

 新たなシーズンへ向けて、12月6〜8日に鈴鹿サーキットで開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同/ルーキードライバーテストではホンダが展開する若手育成プログラム『ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)』に所属する木村、小出が同チームから参加することに。

 さらに、インディNXTやIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のLMP2クラスを戦ったノーラン・シーゲルが小出とともに51号車のステアリングを握る。

 アメリカ出身のシーゲルは2004年生まれの19歳。2019年にUSF2000選手権とアメリカF4選手権で4輪デビュー。2023年はインディNXTでポールポジション2回、優勝2回という成績でシリーズ3位となった。また、IMSAやアジアン・ル・マン・シリーズをはじめ、スポーツカーレースやGTレースにも参戦している。

 SFLやスーパーGTでスピードを見せた木村、小出。そして北米でキャリアを重ねてきたシーゲルはどのような走りを見せるだろうか。全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同/ルーキードライバーテストは12月6〜8日に鈴鹿サーキットで開催される。