1月24日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで、スーパーGTのウインターテストの2日目の走行が行われた。この日は午前3時間、午後3時間10分の走行が行われたが、終了間際にふたたびスコールが舞っている。午前はNMCの230号車ニッサンZニスモGT500がトップタイム、午後はTEAM IMPULの12号車ZニスモGT500がトップタイムとなった。

 1月23日にスタートしたセパンでのウインターテストは24日が2日目。9時からスタートした午前のセッション3では、途中TEAM IMPULの12号車ニッサンZニスモGT500がトラブルでピットに戻るシーンや、スピンを喫する車両もみられたものの、前日に続き赤旗中断はなくセッションが進んだ。

 前日とは異なる車両を駆るドライバーなどもみられるなか、各陣営とも多いチームでは67周を重ねるなど、ピットアウト〜インを繰り返しながらメニューをこなしていった。午前はNMCの230号車ニッサンZニスモGT500が1分49秒553までタイムを縮め、TCDの開発車両である90号車トヨタGRスープラが1分49秒771で2番手。TEAM IMPULの12号車、TOM'Sの37号車GRスープラ、KONDON RACINGの24号車ニッサンZニスモGT500が続いている。

 13時30分からスタートした午後のセッション4も酷暑のなか走行が進められていったが、前日同様終盤にふたたび雨が降り出してしまった。一時セッションは赤旗中断となり、16時30分からウエットタイヤを履いて12号車ZニスモGT500、19号車、37号車の2台のGRスープラがコースインしたものの、コースイン直後から雨量が一気に増してしまい、そのままセッション終了となった。

 午後のセッション4は、TEAM IMPULの12号車ZニスモGT500が1分49秒919で初日に続きふたたびトップタイム。TCDの90号車GRスープラ、TOM'Sの37号車GRスープラ、NMCの230号車ZニスモGT500と続いた。5番手にはセッション4ではやや周回数が少なかったTEAM KUNIMITSUの100号車STANLEY CIVIC TYPE R-GTがつけた。

 セパンウインターテストは1月25日は休息日となり、1月26〜27日に後半のテストが行われる。