2度のインディカーチャンピオンであるアレックス・パロウは、マクラーレンと結んだ契約を履行しないという昨年の決断は、彼のF1への野望に対するマクラーレンのコミットが欠けていたことが理由だと明らかにした。

 パロウは昨年の夏に、大胆な行動によってインディカーとF1の世界に衝撃を与えた。マクラーレンが2024年までパロウと有効な契約を結んでいたにも関わらず、彼はマクラーレンに背を向けたのだ。契約を破棄するというパロウの決定は、予想通り両者の間に法的紛争を引き起こした。マクラーレンは契約違反としてチップ・ガナッシ・レーシング所属のパロウに対し、2300万ドル(約34億円)の損害賠償を求めている。

 パロウの決断の中心には、マクラーレンがF1への道を彼に提供することに真剣に取り組んでいなかったという確信があった。パロウはリザーブドライバーとして複数年契約を結んだものの、チームがシートを提供することに消極的であり、彼を永遠にF1の周辺で足止めさせようとしていると感じていた。

 先週デイトナで開催された『ロア・ビフォア・ザ・ロレックス24」に姿を見せたパロウは、『Associated Press』のインタビューで自身の推論を明らかにした。

「F1で、僕に向かって何かが開ける兆しは何もなかった」とパロウは語り、マクラーレンが起こしている現在進行中の訴訟には動じていないようだった。

「(F1に出場するために)誰かが怪我をするのを待つには、僕は年を取りすぎているけれど、チャンスを掴むにはそうするしかない。パト(パト・オワード/アロウ・マクラーレン)は誰かが怪我をするのを待つことができる」

 批評家らは、パロウの主なコミットメントは実際にはアロウ・マクラーレンとインディカーにあり、現在所属するチップ・ガナッシ・レーシングとのより有利な契約を確保するためにマクラーレンの契約をてことして利用したのではないかと指摘している。彼らはパロウが契約を破棄するという決断をしたことについて、金銭面の報酬を最大化するための計算された行動だったと主張している。結局のところ、パロウの説明に説得力があるかどうかは意見の分かれる問題だ。

 それにもかかわらず、パロウはこの出来事がガナッシとの絆をさらに強いものにしたと主張している。

「このドラマのおかげで僕たちははるかに緊密な関係になっと思う」とパロウは認めた。

「なぜだろう? 僕には分からない。今では普通の関係になっているよ」

「たとえガールフレンドと一度別れても、お互いのことや以前の問題をすべて理解できるので、さらによい関係になることがある。突然、関係が改善するんだ」

 今や自身の将来がインディカーにしっかりと据えられたパロウは、シリーズにおける彼の伝説を確たるものにする、3度目のタイトル獲得という偉業達成を目指している。彼のF1への野心は永久に打ち砕かれたかもしれないが、パロウの大胆な行動はマクラーレンや他のチームに「僕の才能が欲しいなら、僕の将来に喜んでコミットする必要がある」というメッセージを送ることになったことは間違いない。