1月25日、スクーデリア・フェラーリは、シャルル・ルクレールとの契約を延長したことを発表した。これにより、ルクレールは2025年以降もフェラーリにとどまることになる。

 モナコ出身で現在26歳のルクレールは、2016年にフェラーリのドライバー育成プログラムである『フェラーリドライバーアカデミー』に加入し、GP3(現在のFIA F3)、FIA F2でタイトルを獲得したのち2018年にアルファロメオ・ザウバーからF1にデビューした。

 その翌年、ルクレールはフェラーリへ移籍しベルギーGPでキャリア初優勝を飾った。この勝利はフェラーリにおける最年少優勝記録となっている。ルクレールは現在までにフェラーリで103戦に出場し、5勝を挙げている。

 フェラーリとの契約延長について、ルクレールは次のようにコメントを寄せた。

「これから何シーズンもスクーデリア・フェラーリのレーシングスーツを着ることになって、とても嬉しい。このチームでレースをすることは3歳の頃からの夢だった。よくサン・デボーテにある友人のアパートの窓からモナコGPを見て、いつも赤いマシンを探していた」

「2016年にフェラーリドライバーアカデミーに加入して以来、このチームは僕にとって第2の家族であり、この5年間はいい時も悪い時もたくさんのことを成し遂げてきた。でも、最高のシーズンはこれからだと信じている。さらなる進歩を遂げ、すべてのレースで競争力を発揮するために、今シーズンが始まるのが待ちきれない」

「僕の夢は依然としてフェラーリでワールドチャンピオンになることだ。これからの数年間、一緒に素晴らしい時間を過ごし、ファンを喜ばせることができると確信している」

 またチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、長年フェラーリの一員であるルクレールとの契約を延長することは自然なことだったと語った。

「シャルルとスクーデリアとの絆は、単なるドライバーとチームという関係を超えたものだ。彼は8年前からフェラーリファミリーの一員であり、初めてレーシングスーツに跳ね馬のエンブレムをつける前に遡る」

「彼の価値観と我々チームの価値観は絡み合っており、協力関係を延長することに同意するのは自然なことだった。我々は彼が自分自身を限界までプッシュするという絶え間ない意欲を知っており、レースでの戦いやオーバーテイクにおける彼の並外れた能力を十分に評価している」

「我々はシャルルに勝てるマシンを与えようと決意しており、彼の決意と献身は、我々の目標達成を助けるうえで重要な要素であることを私は理解している」