WRC世界ラリー選手権の2024年シーズンが伝統のラリー・モンテカルロで開幕した。競技初日となった1月25日(木)は日没後にSS1とSS2が行われ、このふたつのステージでトップタイムをマークしたTOYOTA GAZOO Racing WRT(TGR-WRT)のエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が、総合首位に立っている。

 チームメイトのセバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組が総合3番手に、勝田貴元/アーロン・ジョンストン組は総合6番手につけ、トヨタチームは3台全車が競技初日を走破した。

 2024年のラリー・モンテカルロはまず、24日(水)の夕方にシェイクダウンが行われた。サービスパークが置かれ、ラリーの中心となるフランス南部ギャップの近郊に設定された全長3.28kmのショートステージでは、エバンスが2番手、オジエが4番手、勝田が5番手タイムを記録した。

 25日(木)の競技初日“デイ1”は、夕方からモナコのカジノ前でセレモニアルスタートが行われ、ラリーは華々しく開幕のときを迎えた。なお、セレモニアルスタートの直前には、新旧世界王者のカッレ・ロバンペラとセバスチャン・オジエによって、彼らの名を冠したGRヤリス『WRCドライバー監修特別仕様車』がアンベールされている。

 モナコを出発した選手たちは、約169kmのリエゾン(移動区間)を経て、ギャップ周辺の山岳ステージへ。今大会最初のステージとなったSS1『トアール/サン=ジェニ』は、20時35分スタートのナイトステージとして実施された。

 気温が例年よりもやや高かったため雪や氷は少なく、ターマック(舗装路)の路面はおおむねドライコンディションとなったなか、1番手スタートのエバンスが幸先よくベストタイムを記録。全長21.01kmのステージを、2番手タイムをマークしたのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)よりも5.2秒速く駆け抜けた。

 また、オジエは4番手タイム、2023年シーズンをもってTGR WRCチャレンジプログラムを卒業した勝田は6番手タイムで最初のステージを走り終えている。

 続く2本目のSS2『ベイヨン/ブレジエ』は、湿っているセクションも多くみられ、かなり滑りやすいコンディションに。SS1で首位タイムを記録したエバンスは、SS2でも好調を維持する走りみせ、2番手タイムのティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)に6.8秒差をつけるベストタイムをマークした。

 連続ベストを刻んだエバンスは、2本目のステージを終えて総合2番手となったヌービルに15.1秒差を築き、総合首位でデイ1をフィニッシュ。オジエはSS2で3番手タイムを記録し総合3位にポジションアップに成功した。勝田は5番手タイムで総合6番手につけている。

 好調な滑り出しとなったTGR-WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表は「エルフィン(・エバンス)のペースはとても良く、昨シーズンの最終戦ラリージャパンと変わらぬ自信を持ち続けていると感じた」と、チームの“エース”が見せた走りを振り返った。

「とくに2本目のステージは、路面が全体的に滑りやすくなっていたため決して簡単なステージではなかった。なので、あのようなタイムを出すためには非常に大きな自信が必要だし、今日のタイム差は私の予想以上だった」

 また、3番手のオジエと6番手の勝田へは、明日以降の挽回を期待するコメントを寄せている。

「セブ(セバスチャン・オジエの愛称)は、出走順が遅かったので汚れた路面を走ることになってしまったが、明日は彼の攻めの走りをより多く見られると期待している。また、(勝田)貴元は、このような道では重要な要素である自信を高めてきているので、明日はもっといい一日になるはずだよ」

そのデイ2は、サービスパークが置かれているギャップの東側エリアで、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行していく。SS3からSS8まで、計6本のSSの合計距離は105.72km。リエゾンも含めた一日の総走行距離は510.65kmだ。