1月31日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)、IRTA(国際ロードレーシングチーム連盟)、MotoGPを統括するドルナスポーツは、2024年シーズンにおけるロードレース世界選手権のカレンダーを変更すると発表した。MotoGP第3戦アルゼンチンGPは中止となる。

 2024年のMotoGPアルゼンチンGPは、第3戦として4月5〜7日にアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開催が予定されていた。しかし、イベントのプロモーターが、MotoGP基準でグランプリが開催されるために必要なサービスを保証できないと伝え、中止されることが決定した。

 そのため、4月12〜14日開催のアメリカズGPが第3戦となり、モビリティリゾートもてぎでは『第17戦日本GP』として行われ、第21戦バレンシアGPで閉幕することになる。2025年にはアルゼンチンGPが復帰する予定だという。

 2023年にはスーパーバイク世界選手権(WorldSBK)の第12戦アルゼンチンが大統領選挙本選が近いことを理由に中止され、スペイン・へレスが代替レースとされた。

■2024年MotoGP暫定カレンダー(2024年1月31日発表時点)
Roundグランプリサーキット決勝レース日第1戦カタールロサイル・インターナショナル・サーキット3月10日第2戦ポルトガルアルガルベ・インターナショナル・サーキット3月24日第3戦アメリカズサーキット・オブ・ジ・アメリカズ4月14日第4戦スペインヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト4月28日第5戦フランスル・マン-ブガッティ・サーキット5月12日第6戦カタルーニャカタロニア・サーキット5月26日第7戦イタリアムジェロ・サーキット6月2日第8戦カザフスタンソコル・インターナショナル・レーストラック6月16日第9戦オランダTT・サーキット・アッセン6月30日第10戦ドイツザクセンリンク7月7日第11戦イギリスシルバーストン・サーキット8月4日第12戦オーストリアレッドブル・リンク8月18日第13戦アラゴンモーターランド・アラゴン9月1日第14戦サンマリノミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ9月8日第15戦インドブッダ・インターナショナル・サーキット9月22日第16戦インドネシアマンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット9月29日第17戦日本モビリティリゾートもてぎ10月6日第18戦オーストラリアフィリップ・アイランド・サーキット10月20日第19戦タイチャン・インターナショナル・サーキット10月27日第20戦マレーシアセパン・インターナショナル・サーキット11月3日第21戦バレンシアリカルド・トルモ・サーキット11月17日