ザウバーの若手ドライバー育成プログラムであるザウバー・アカデミーは1月31日、FIA F2ドライバーのゼイン・マロニーが新たに加入すると発表。また、ザウバーが運営するステークF1チームのリザーブドライバーにも起用されると明らかにした。

 カリブ海の島国バルバドスのブリッジタウンに生まれたマロニーは、叔父がブッシー・パーク・サーキットを運営するという環境で育った。3歳でカートキャリアをスタートさせると、バルバトスとアメリカでキャリアを積み、2018年よりヨーロッパ選手権やWSKチャンピオンズ・カップに参戦。

 2019年よりシングルシーターに転向すると、2022年FIA F3でシリーズ2位、またこの活躍もありFIAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されると2022年末にレッドブル・ジュニアチームに加入した。翌2023年はロダン・カーリン(現:ロダン・モータースポーツ)よりFIA F2に参戦し、表彰台4回、ランキング10位、ルーキードライバーの中では3位という成績を残した。

 既報のとおり、マロニーは2024年もロダン・モータースポーツから、宮田莉朋のチームメイトとしてFIA F2に参戦する。ただ、2023年シーズンをもってレッドブルからのサポートは終了しており、F1育成プログラムに所属しないままFIA F2参戦2年目を迎えると思われていた。

 しかし、今回のザウバー・アカデミー加入の実現により、マロニーは多忙なシーズンを送ることになりそうだ。なお、ステークF1チームでは同じくザウバー・アカデミーであり、2024年は全日本スーパーフォーミュラ選手権への参戦が決定している2023年FIA F2王者のテオ・プルシェールも、引き続きリザーブドライバーを務めることをすでに明らかにしている。

「ザウバー・アカデミーに加入し、ステークF1チームのリザーブドライバーを務めることを光栄に思う」とマロニーはコメント。

「ザウバーの名前は、30年以上にわたってF1の一翼を担い、偉大な成功を収めた多くのドライバーに対し道を開いてきた。そんなザウバー・ファミリーの一員になれたことをうれしく思う。F1ドライバーになるという目標に近づくため、一緒に働けることを楽しみにしているよ」

 ザウバー・アカデミーを率いるビート・ツェンダーは、「ザウバー・アカデミーの新しい仲間としてゼインを迎えることができ、嬉しく思っている」とコメント。

「彼のジュニアシリーズでの活躍は目覚ましく、そのスピードとポテンシャルをもってすれば、我々の才能あるロースターに加わることは間違いない。ザウバーはFIA F2でのプログラムにおいて、前年のテオ・プルシェールの後を継いで今年もタイトルを狙うだけでなく、ステークF1チームのリザーブドライバーという役割についてもゼインとともにすることになる。チーム全員を代表して、ゼインを心から歓迎し、ともに仕事をすることで大きな成功を収めることを楽しみにしている」