プジョー・トタルエナジーズのテクニカルディレクターであるオリビエ・ジャンソニによると、フランスのハイパーカーメーカーはイモラ・サーキットで開催されるWEC世界耐久選手権第2戦で、改良型『プジョー9X8』をレースデビューをさせることを目指しているという。

 また、プジョーは開幕戦を欠場することなく、従来型のマシンを用いて3月2日に開催される『カタール1812km』に出場する予定だ。

 ジャンソニはシーズン前のメディア向け電話会見で記者団に対し、フランスのマニュファクチャラーが2024年のキャンペーンを2023年型の“ウイングレス”9X8でスタートさせることを明らかにした。

 昨年12月にポール・リカールでテスト走行が目撃されたアップデートカーは、4月19〜21日に行われる第2戦イモラで初レースに臨んだ後、6月に行われる第4戦ル・マン24時間レースを含む残りのWECシーズンを戦っていくことになる。

 FIA国際自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブの技術規則では、LMH(ル・マン・ハイパーカー)メーカーはデビューレースの前に再ホモロゲーション承認を受ければ、シーズン途中にアップデートを行うことが認められている。

「タイムフレームは、実際にイモラでレースをする準備をしようとしている」とジャンソニは語った。

「つまり、2023年仕様のマシンでカタールでのシーズン・オープニングレースを戦い、その後2024年仕様のマシンを第2戦イモラに持ち込むということだ。これは3月末までに再ホモロゲーションが完了するように準備する必要があることを意味している」

 彼は9X8のアップデート仕様を開幕戦で走らせることは「あり得ない」と述べた。プジョーは、完全に準備が整う前に新しいクルマを急いで使用したくない、と考えている。

「私たちはそれが不可能であることを最初からわかっていた」と同氏。

「というのも、現在のホモロゲーション・プロセスでは、実際に新しいホモロゲーションやジョーカーを行う場合、それらを完全に行う必要があるためだ」

「中途半端にはできない。そしてそれには時間が掛かる。ジョーカーの効果を最大限に引き出すために5つのジョーカーを使うんだ」

 彼は続けて、3シーズン目の参戦に向けて9X8に加えられた変更の大部分がタイヤ寸法の変更によるものだと説明した。

 プジョーは、フロントとリヤの両方に31cmのミシュランタイヤを履くという以前のコンセプトを捨て、WECのハイパーカークラスで一般的な幅の狭いフロントタイヤ(29cm)と幅の広いリヤタイヤ(34cm)を採用する予定だ。

■マシンの重量配分を再調整する

「私たちが行う変更のほとんどは、タイヤ寸法に対応するためのものだ」とジャンソニは説明する。

「まず、クルマの重量配分を変える必要がある。私たちの9X8は幅31cmのタイヤを履くため、かなり前寄りの重量配分で走るように設計された。つまり、なんとかしてそれを中心部に戻す必要があるんだ」

「重量配分を変えるにはいくつかの軽量パーツを装着し、バラストを移動させ、さらにエアロバランスを再調整しなければならない」

「パッケージの2番目に大きな部分は、新しいタイヤディメンションに合ったマシンの空力バランスをとることだ。すべての調整は、以前とは異なるタイヤを選択することによって必要となるものだ」

 パワートレイン開発に関して、他の“EVOジョーカー”が使われているかどうか問われたジャンソニは、次のように答えた。

「もちろん、ジョーカーを使って具体的に何をやっているのかをあまり詳しくは公表したくないが、ジョーカーひとつはホモロゲーションの1章に相当する」

「こういうことなんだ。パワートレインに何か変更を加えたい場合、トランスミッションにひとつのジョーカーを、エンジンにひとつのジョーカーを使うことができる」

「だから、私たちは自分たちが何をしているのかつねに注意して見ている。ジョーカーの数には限りがある。ホモロゲーションでは全部で5つのジョーカーしかないからね」

「そのため我々は、現在行っている改良の範囲をパフォーマンスにとって必要不可欠なポイントに限定しているんだ」