2月1日、2024年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPクラスのシェイクダウンテスト1日目がマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われた。ルーキーのペドロ・アコスタ(レッドブルGASGASテック3)と6人のファクトリーチームのテストライダーの計7人のライダーがコースに出た。

 シーズン開幕に向けて、2024年初のテストとなる今回のシェイクダウンテストは2月1〜3日の3日間に渡って実施されている。さらに2月6〜8日に行われる公式テストに向けて、オフシーズンの間に開発されたエンジンや空力パーツなどの調整に取り組むための貴重な走行となる。

 そんな今回のテストにはルーキーのアコスタとダニ・ペドロサ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、ポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、ステファン・ブラドル(HRCテスト・チーム)、ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・レノボ・チーム)、カル・クラッチロー(ヤマハ・ファクトリー・レーシング)、ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア・レーシング)が参加した。

 今年から、コンセッションシステムにより、シェイクダウンではテストライダーとルーキーだけでなく、無制限のテストが認められたライダーも走ることができる。現在においては、ヤマハとホンダがその対象で、ファビオ・クアルタラロやアレックス・リンス、ジョアン・ミル、ルカ・マリーニ、ヨハン・ザルコ、中上貴晶も含まれるが、今回はコース上に現れることはなかった。

 初日は、路面温度が56度となり、1分59秒233で2台に乗ったペドロサがトップタイムをマーク。2番手には2台を試したアコスタが0.152秒差で迫り、Moto2からMotoGPマシンへ早くも対応して見せた。3番手も2台に乗ったポル・エスパルガロで、上位3人が駆るのはKTMおよびGASGASのRC16だ。

 4番手はホンダRC213Vを駆るブラドル、5番手はドゥカティ デスモセディチGPのピロ、6番手は3台を走らせたヤマハYZR-M1のクラッチロー、7番手はアプリリアRS-GPのサバドーリで、彼はレギュラーライダー用のマシンを含む5台をシェイクダウンさせた。

 新パーツについては、アプリリア、ドゥカティ、KTM、ホンダが新しいエアロをテストしており、特にリヤテールに取り付けられたユニット(リヤウイング)の空力パーツが多く登場した。アコスタは、11月末のバレンシアテストを含めてもまだ2回目の走行だが、スチールとカーボンの両方のシャシーを試していたようだ。

■2024MotoGPセパンシェイクダウンテスト1日目
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTimeLaps126ダニ・ペドロサレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM1'59.23352Laps231ペドロ・アコスタレッドブルGASGASテック3ガスガス+0.15245Laps344ポル・エスパルガロレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM+0.18259Laps46ステファン・ブラドルHRCテスト・チームホンダ+0.62759Laps551ミケーレ・ピロドゥカティ・レノボ・チームドゥカティ+1.63356Laps635カル・クラッチローヤマハ・ファクトリー・レーシングヤマハ+1.78048Laps732ロレンツォ・サバドーリアプリリア・レーシングアプリリア+2.57667Laps