2月2日、2024年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPクラスのシェイクダウンテスト2日目がマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われた。2日目はヤマハとホンダのレギュラーライダーもテストライダーとルーキーのペドロ・アコスタ(レッドブルGASGASテック3)ともに走行した。

 シェイクダウンテストは2月1〜3日の3日間に渡って実施され、2月6〜8日には公式テストが行われる。2日目はポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、ダニ・ペドロサ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、ステファン・ブラドル(HRCテスト・チーム)、ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・レノボ・チーム)、カル・クラッチロー(ヤマハ・ファクトリー・レーシング)、ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア・レーシング)の6人のテストライダー、ルーキーのアコスタが初日から継続して走行。

 今年から、コンセッションシステムにより、シェイクダウンではテストライダーとルーキーだけでなく、無制限のテストが認められたヤマハとホンダのレギュラーライダーも走ることができ、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、アレックス・リンス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、ジョアン・ミル(レプソル・ホンダ・チーム)、ヨハン・ザルコ(カストロール・ホンダLCR)、ルカ・マリーニ(レプソル・ホンダ・チーム)、中上貴晶(イデミツ・ホンダLCR)もこの日からコースに出ている。

 テスト2日目は、セッション開始時は路面温度50度だったが、終了の2時間前にスコールで赤旗となった。トップタイムはポル・エスパルガロで1分58秒241、2番手がクアルタラロで0.283秒差、3番手はアコスタで0.290秒差だった。アコスタはすでに2023年のマレーシアGPでKTMのライダーが記録したタイムから0.5秒落ち以内に入っており、順応している。

 空力パーツにおいては、KTMのペドロサがフロントフェンダーにウイングをつけたRC16を走らせており、アプリリアのサバドーリはリヤウイングがコウモリの羽のような形状のRS-GPをテスト。ホンダのブラドルは新形状のステゴサウルスタイプのリヤウイングを試した。

 ヤマハのクアルタラロとリンスは2023年型のマシンを2台、2024年仕様のマシン1台をテストしていたようだ。ホンダ勢はバレンシアテストで試した仕様のバイクをマリーニとミルが走らせた。

■2024MotoGPセパンシェイクダウンテスト2日目(編集部集計)
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTimeLaps144ポル・エスパルガロレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM1'58.24130Laps220ファビオ・クアルタラロモンスターエナジー・ヤマハMotoGPヤマハ+0.28332Laps331ペドロ・アコスタレッドブルGASGASテック3ガスガス+0.29042Laps442アレックス・リンスモンスターエナジー・ヤマハMotoGPヤマハ+0.40947Laps526ダニ・ペドロサレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM+0.43128Laps636ジョアン・ミルレプソル・ホンダ・チームホンダ+0.84639Laps75ヨハン・ザルコカストロール・ホンダLCRホンダ+0.85051Laps810ルカ・マリーニレプソル・ホンダ・チームホンダ+0.97131Laps930中上貴晶イデミツ・ホンダLCRホンダ+1.02838Laps106ステファン・ブラドルHRCテスト・チームホンダ+1.52930Laps1135カル・クラッチローヤマハ・ファクトリー・レーシングヤマハ+1.63335Laps1251ミケーレ・ピロドゥカティ・レノボ・チームドゥカティ+1.91536Laps1332ロレンツォ・サバドーリアプリリア・レーシングアプリリア+2.57954Laps