2月2日、ベルギーのチームWRTは、チームのファミリー、パートナー、ドライバー、ゲストら220人を集めてスパでチーム伝統のウインターパーティを開催し、2023年の各シリーズでの成功を祝うとともに、2024年のレースプログラムと、参戦ドライバーラインアップを発表した。

 WEC、さらにGTワールドチャレンジ・ヨーロッパなど、さまざまなレースで数多くの勝利を獲得してきたWRTは、2023年からBMWモータースポーツの中心的な存在となり、2024年はWEC世界耐久選手権のハイパーカークラスにBMW MハイブリッドV8、LMGT3クラスにBMW M4 GT3を投入する。また、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパにも継続してM4 GT3で臨む。

 そんな2024年に向け、チームの共同CEOを務めるヴァンサン・ボッセは「2024年はチームの歴史の節目になるだろう。このエキサイティングな旅に出るにあたり、たくさんの思いが私の中に浮かんできた」と語った。

「WEC、そしてル・マンで総合優勝を争うことは、チーム、そして私にとっても目標だった。いまその夢が叶う。おそらく耐久レースの歴史上最も激しくなるであろう戦いにハイパーカーで参戦し、BMWというブランドのカラーを守ることは、それ自体がすでに成果とも言えるが、この挑戦で我々は成功したいと考えている」

 そんなシーズンに向け、チームはWEC、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパの体制を発表した。まずWECのハイパーカーでは、15号車がメルセデスから移籍したラファエル・マルチェッロ、そしてドリス・ファントール、マルコ・ウィットマンという3人が乗り込む。一方20号車はロビン・フラインスがレネ・ラストとシェルドン・ファン・デル・リンデと組むことになった。

 一方、LMGT3では31号車がアウグスト・ファーフスを中心にLMP2から移るショーン・ゲラエル、新たに起用するダレン・レオンという3人を起用する。また46号車は、WEC初参戦となる二輪元ワールドチャンピオンのバレンティーノ・ロッシ、そしてマキシム・マルタン、アーメド・アル・ハーティという3人が組む。

 またチームはGTワールドチャレンジ・ヨーロッパの参戦体制も発表した。エンデュランスカップは3台体制で、プロクラスはファン・デル・リンデ/ファントール/シャルル・ワーツが32号車に。46号車はマルタン/ロッシ/マルチェッロという組み合わせとなった。ブロンズクラスの30号車にはアル・ハーティ、サム・デ・ハーン、イェンス・クリングマンというメンバーが乗り込む。

 スプリントカップでは、ファントール/ワーツ組が32号車、30号車はシルバークラスで、デ・ハーンとカラン・ウイリアムズ、31号車は今後アナウンスされる。また、4台目としてロッシ/マルタン組がブランズハッチとミサノに参戦する。

2024年WRT ドライバーラインアップ
FIA WEC/ハイパーカー(BMW MチームWRT)
#15:ラファエル・マルチェッロ/ドリス・ファントール/マルコ・ウィットマン
#20:ロビン・フラインス/レネ・ラスト/シェルドン・ファン・デル・リンデ

FIA WEC/LMGT3(チームWRT)
#31:アウグスト・ファーフス/ショーン・ゲラエル/ダレン・レオン
#46:アーメド・アル・ハーティ/マキシム・マルタン/バレンティーノ・ロッシ

GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ
エンデュランスカップ(チームWRT)
#30:アーメド・アル・ハーティ/サム・デ・ハーン/イェンス・クリングマン
#32:シェルドン・ファン・デル・リンデ/ドリス・ファントール/シャルル・ワーツ
#46:ラファエル・マルチェッロ/マキシム・マルタン/バレンティーノ・ロッシ

GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ
スプリントカップ(チームWRT)
#30:サム・デ・ハーン/カラン・ウイリアムズ
#31:TBC/TBC
#32:ドリス・ファントール/シャルル・ワーツ
#46:マキシム・マルタン/バレンティーノ・ロッシ(2戦のみ)