アルピーヌ・エンデュランス・チームから2024年WEC世界耐久選手権のハイパーカークラスに参戦するニコラ・ラピエールは、フランスのシグナテックチームが運営する新型LMDhカー『アルピーヌA424』に搭載されるメカクローム製エンジンの信頼性について、心配していないと語った。

 アルピーヌは、3月2日(土)に決勝レースが行われるWEC開幕戦『カタール1812km』でのデビューが予定されている新型プロトタイプカーの心臓部に搭載されるシングルターボエンジンのベースとして、メカクロームのV6エンジン『V634』を選択した。

 V634はその名のとおり、排気量3.4リットルのV型6気筒エンジンだ。フォーミュラ・シリーズのFIA F2でターボ仕様が、FIA F3では自然吸気エンジンとして採用されているが、前者で2016年に導入されて以来、その信頼性の低さからシングルシーター界では悪名高い存在となっている。

 このエンジンは短期間ではあるが、スポーツカーレースでも使用された例がある。2018-19年WEC“スーパーシーズン”の序盤、LMP1クラスに参戦していたジネッタG60-LT-P1には、V634がベースの『V634P1』が搭載されていたのだ。しかしジネッタチームはエンジンの性能不足などを理由に、翌2019-20年のキャンペーンに向けAER(アドバンスド・エンジン・リサーチ)製パワーユニットへとエンジンを載せ替えている。

 そんなメカクロームのエンジンについて感想を求められたラピエールは、ルノーのF1パワーユニットも生産されているフランスのヴィリー・シャティヨンにあるアルピーヌのチームによって、V634がWECへの再導入のために「大幅な改良」を受けたことを強調した。

「このエンジンを耐久レースに適応させるのは大変な作業だった」とラピエールは語った。

「構造は同じだが、内部はすべて変更されている」

「アルピーヌの強みのひとつは、ヴィリー・シャティヨンにエンジンベンチがたくさんあることだ。ベンチでエンジンがよく動いていたことは確かだよ」

「また、シミュレーション(テスト)では30時間連続で走ることができていた。エンジン面では、かなり大丈夫だと思う」

「ル・マンはご存知のように特別で、(他のサーキットとは)異なるトラック、異なるコンディションだが、今のところはこのエンジンにとっては良好だ」

■ラピエールが語るWECハイパーカー初年度の展望

 アルピーヌが、BMWとランボルギーニと同じタイミングでWECにデビューさせる『A424』は、今週7日(水)にイギリスのエンストンにあるグランプリ・レース・ファクトリーで行われる同ブランドのF1新車発表の場で、レース仕様のカラーリングがお披露目される予定だ。

 ラピエールは、ルノー/アルピーヌのハイブリッドF1パワートレインに関する幅広い知識が、WECへの取り組みにも役立つことを期待していると述べた。

「アルピーヌは、非常にハイレベルな両選手権に参戦している数少ないチームのひとつであり、もちろん、主にパワートレイン、ハイブリッドシステムと(内燃)エンジンの相乗効果を見つけようとしている」とラピエール。

「ヴィリー・シャティヨンのアルピーヌ・レーシングのチームは、ハイパーカー・プロジェクトにも熱心に取り組んでいる。アルピーヌ・レーシング内部の知識を活用して、このプロジェクトを可能な限り早く進めるよう努力しているんだ」

 39歳のフランス人ドライバーは、アルピーヌのプライベートテスト・プログラムのこれまでの成果に満足感を示す一方、WECのハイパーカークラスの強豪を相手にする最初のシーズンでのA424への期待を控えめに見積もっている。

「我々は謙虚でなければならない」と語ったラピエール。

「確かに、最初の1年は簡単ではないだろう。僕たちが行ったほとんどのテストでは、僕たちだけしか走っていなかった」

「そこで自分たちのペースを知るのは難しいし、そもそもLMDh(規定のマシン/ポルシェ963、キャデラックVシリーズ.R)がまだレースで勝ったことがない。この点を考慮する必要がある」

「もちろん、中期的には競争力をつけたいし、優勝争いをしたいが、1年目は厳しいものになるだろう。競争のレベルが非常に高いことを知っているので最初のシーズンに特別な期待はしていない」