F1は、2024年にスプリントのシステムを再度変更することを承認した。通常の予選と決勝に加え、短距離のレースを行うスプリント・フォーマットがF1カレンダーの一部に取り入れられてから、今年は4年目となる。

 2024年F1では、24戦中6戦がスプリント・フォーマットで実施される。対象グランプリは、中国、マイアミ、オーストリア、アメリカ(オースティン)、サンパウロ、カタールであることが、昨年12月に発表された。

 2月5日にF1委員会の会合が実施され、さまざまな話題について協議されるなかで、スプリントの新フォーマットについて合意がなされた。

 昨年は、金曜にはフリープラクティス1と決勝用予選、土曜にはスプリント・シュートアウト(スプリント用予選)とスプリント、日曜に通常の決勝が行われる流れだった。しかし今年は、スプリント・シュートアウトは金曜のFP1の後で行われ、土曜には、まず100kmのスプリントが開催された後に、決勝グリッドを決める予選が行われる。日曜決勝については変更はない。

 昨年は土曜日がスプリントとして完全に独立していたが、今年は、メインの予選と決勝のタイミングが近くなることで、週末の流れを追いやすくなることが期待される。この変更は、2月28日の世界モータースポーツ評議会会合で承認された後に正式に決定する。

 スプリントのフォーマット変更の他にも、いくつかの事柄について、今回のF1委員会会合で合意された。グランプリ開催数が増加する2024年と2025年には、ドライバーひとりあたり使用が許されるパワーユニット(PU)の基数が4基とされる。また、決勝でDRSの使用可能になるタイミングが、スタートやリスタート後の2周後ではなく1周後に変更されることについても、合意がなされた。