2月7日(水)、BWTアルピーヌF1チームは2024年型F1マシン『A524』を発表した。

 アルピーヌは昨年、チームを離れたフェルナンド・アロンソの後任としてピエール・ガスリーを迎え入れた。ルノー時代から数えて在籍4年目となるエステバン・オコン、ガスリー、そしてアルピーヌという“オール・フランス”体制となったチームは、コンストラクターズ選手権4位を目指した。

 しかし、シーズン序盤に高い競争力を発揮したアストンマーティンや、大型アップデートに成功したマクラーレンに届かず、6位という結果に終わった。それでもオコンは第7戦モナコGPで3位入賞し、ガスリーも第13戦ベルギーGPのスプリントと第14戦オランダGPで表彰台を獲得する速さを見せた。

 また7月にはアルピーヌCEOのローラン・ロッシが組織を離れた。ベルギーGP終了後にはチーム代表のオットマー・サフナウアー、スポーティングディレクターのアラン・パーメイン、チーフテクニカルオフィサーのパット・フライもアルピーヌF1を離脱し、その後ディレクター・オブ・レーシング・エクスパンション・プロジェクトを務めたダビデ・ブリビオもチームを去るなど、組織改革が進められた。サフナウアーが去った後は、ブルーノ・ファミンが暫定代表としてチームを率いてきた。

 2024年のアルピーヌのドライバーラインアップは変わらず、オコンとガスリーを起用する。リザーブ兼テストドライバーも引き続きジャック・ドゥーハンが務める。ドゥーハンは今季、グランプリの週末にチームに帯同すること、またバルセロナなど複数のコースで旧型マシンを使ってテストを行うことが決まっている。

 アルピーヌF1の2024年型マシン『A524』はブルーのカラーリングを引き継いでいるが、2種類のブルーが使用されており、チームのタイトルスポンサーでもある水処理関連の業務を行うオーストリア企業『BWT』のピンクがあしらわれている。昨年はトップチームに後れをとったアルピーヌだったが、2024年は彼らにどこまで食らいついていけるか注目だ。