アルピーヌは2月7日、新型ハイパーカー『A424』のマシンカラーリングと、6名のレギュラードライバーの組み合わせを発表するとともに、ジュール・グーノンをWEC世界耐久選手権のリザーブドライバーとして起用することを明らかにした。

 先週1日にメルセデスAMGのファクトリードライバーとしての続投が発表されたグーノンは、今季2024年のWECハイパーカークラスで『アルピーヌA424』を駆る6名のドライバーに欠員が出た場合、当該ドライバーの代役を務めることになる。

 2023年にIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジでシリーズチャンピオンに輝いた彼は、2019年と2020年にLM-GTEプロクラスでフェラーリを走らせるリシ・コンペティツィオーネからル・マン24時間レースに2度出場したものの、WECにはシリーズ参戦したことがない。

「ハイパーカーカテゴリーでアルピーヌに参加できることを非常に嬉しく思う」と語ったグーノン。

「バルセロナでのテストでA424に乗り、初めてハイパーカーを味わった。耐久レースの新たな黄金時代の幕開けに、この恐るべき人間的冒険に携われることは、信じられないことだと認めざるを得ないよ」

「個人的なレベルでは僕の経験とGTレースの知識を持ち込もうと思っている。LMDhでは(GTと)多くの共通点、とくに重量とパワーを感じている」

 アルピーヌのモータースポーツ担当副社長であるブルーノ・ファミンは、レギュラードライバーのひとりであるミック・シューマッハーが今シーズンのF1レースに招集された場合、リザーブドライバーとしてグーノンがA424のステアリングを握る可能性を示唆した。

 グーノンはまた、3月2日(土)に行われるWEC開幕戦『カタール1812km』でレースデビューを飾るA424の開発にも貢献する予定だ。

「先週の初走行は魔法のようだった」と彼は述べた。「アルピーヌA424を知ることを本当に楽しみにしていたし、このような役割でアルピーヌに加わることを許可してくれたメルセデスAMGに感謝したい」

「僕が長年にわたって戦ってきたGT界の偉大な選手たちの多くは、現在ハイパーカーのさまざまなコンストラクターに所属している。これは私の個人的な夢でもあった」

「2005年に父(元F1ドライバーのジャン・マルク・グーノン)がLMP1でレースに出ていたことを覚えている。その時、僕はプロトタイプカーでル・マン24時間レースで総合優勝するために、できることは何でもすると自分に約束したんだ」

「リザーブドライバーだからまだ実現はしていないけど、将来的にはその目標に近づけるようにしっかりと仕事をし、向上心を持ち続けたいと思っている」