2月8日、2024年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPクラスの公式テスト3日目がマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットにて現地時間10時から18時まで行われた。トップタイムはフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が記録して、前日のレコード更新タイムをさらに上回る結果を残した。

 同地では1〜3日にはシェイクダウンテスト、そして6〜8日に公式テストが行われ、この日でセパンでのスケジュールをすべて終えた。既報の通り、フランコ・モルビデリ(プリマ・プラマック・レーシング)とラウル・フェルナンデス(トラックハウス・レーシング)は3日目も参加していない。

 公式テスト2日目には2023年のマレーシアGP予選でバニャイアが記録したオールタイムラップレコードである1分57秒491を非公式記録ながら5人がブレイク。エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・レノボ・チーム)が1分57秒134を記録していた。

 ところが、3日目にはさらにタイムが縮まり、バニャイアは1分56秒682を記録。ホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)、バスティアニーニ、アレックス・マルケス(グレシーニ・レーシングMotoGP)を含む4人が1分56秒台に入れて、ドゥカティがトップ4を独占した。マルク・マルケス(グレシーニ・レーシングMotoGP)は、柔らかめのタイヤで走り6番手だった。

 その間に入った5番手のアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)は1分57秒091を記録して「これまでで最高のテスト」だと称賛した。まだMotoGPマシンで走るのは7日目のペドロ・アコスタ(レッドブルGASGASテック3)は1分57秒365で8番手。驚異的な成長を見せた。

 さらに、ジョアン・ミル(レプソル・ホンダ・チーム)も1分57秒374に入れて、昨年のレコードタイムを更新。ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は1分57秒525だったが、日本メーカーも大幅な改善を遂げたようだ。

 次回の公式テストは1月19〜20日の2日間、開幕戦カタールGPの開催地であるロサイル・インターナショナル・サーキットで行われる。その間、KTMとホンダの2チーム、アプリリアがチームプレゼンテーションを開催。カタール公式テスト後の2月28日には最後のチームとなるプリマ・プラマック・レーシングが発表会を催す。