2月9日、ENEOSスーパー耐久シリーズ2024 Empowered by BRIDGESTONEに参戦するSHADE RACINGは、2024年の参戦体制を発表した。今季もST-ZクラスにトヨタGRスープラGT4エボを、ST-4クラスにトヨタGR86を投入。両クラスともチャンピオン獲得を目指す。

 長年スーパー耐久シリーズに参戦し、数多くの勝利とタイトルを獲得してきたSHADE RACING。2024年に向けて、チームは2クラスでの挑戦を続けることになった。まずST-Zクラスでは、885号車GRスープラGT4エボを継続して使用。3年目のトリオとなるHIRO HAYASHI、平中克幸、清水英志郎という組み合わせで昨年獲得できなかったタイトルを狙う。

 またST-4クラスに参戦する884号車GR86も、昨年と同じ組み合わせでの参戦が決まった。大ベテランの影山正彦がAドライバーを務め、国本雄資、山田真之亮、育成ドライバーの鶴田哲平が組む。今季は影山が60歳となり、Aドライバーハンディキャップもなくなる。もちろんこちらも狙うはチャンピオンだ。

 チームからは各ドライバーのコメントも発表されている。意気込みは下記のとおりだ。

シェイドレーシング GR86
影山正彦
「今シーズンもSHADE RACING からスーパー耐久シリーズに参戦することになりとても嬉しいです。Aドライバーハンディキャップの適用外となり、万全の体制でシリーズチャンピオン獲得を目指します。応援よろしくお願いいたします」

国本雄資
「7年目となる今シーズンもSHADE RACINGからスーパー耐久シリーズに参戦できることを嬉しく思います。ライバルも増え、激戦のST-4クラスですが2021年以来の3度目のシリーズチャンピオン獲得を目指します。応援よろしくお願いいたします」

山田真之亮
「SHADE RACINGより今シーズンもレギュラードライバーとしてスーパー耐久シリーズに参戦できることを嬉しく思います。昨シーズンはトラブルが多い1年となりましたが、シリーズチャンピオンを獲得するため、一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いいいたします」

鶴田哲平
「今年もSHADE RACINGからスーパー耐久シリーズに参戦できる機会をいただき、大変嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。先輩のレースへの取り組み方や戦い方をしっかり学び、チームに貢献できるよう結果を残します。応援よろしくお願いたします」

シェイドレーシング GR SUPRA GT4 EVO
HIRO HAYASHI
「昨シーズンはシリーズランキング2位でとても悔しい結果でした。チームも年々実力が上がってきているので、今シーズンこそはチーム一丸でシリーズチャンピオンを目指したいと思います。応援よろしくお願いいたします」

平中克幸
「昨シーズンも2勝しましたが、2年連続シリーズランキング2位と残念な結果となりました。確実にスピードは見せているので、今シーズンは取りこぼしがないよう結果を残し、悲願のシリーズチャンピオンを目指して戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」

清水英志郎
「SHADE RACINGから今シーズンもスーパー耐久シリーズに参戦させていただく事になりました。今シーズンこそシリーズチャンピオンを獲得するため、攻めの姿勢を崩さず、貪欲に結果を求めていきます。応援よろしくお願いいたします」

SHADE RACING 2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制
ST-4
ゼッケン:884
マシン:トヨタGR86
ドライバー:影山正彦/国本雄資/山田真之亮/鶴田哲平

ST-Z
ゼッケン:885
マシン:トヨタGRスープラGT4エボ
ドライバー:HIRO HAYASHI/平中克幸/清水英志郎