レーシング・ブルズ/RBが2024年F1発表会を前に、角田裕毅とダニエル・リカルドが今年使用するレーシングスーツのデザインを公開した。

 昨年までアルファタウリとして活動してきたチームは、今年、正式名称を『ビザ・キャッシュアップRB』に変更する。ローンチイベントはラスベガスで2月8日(現地時間)に開催される。

 発表会を前に、レーシング・ブルズは、SNSを通して、角田とリカルドが新しいレーシングスーツを身に着けた画像を公開した。昨年はホワイトをベースに、ネイビーが入るデザインだったが、2024年バージョンは、ホワイトがメインカラーであることは変わらず、そこに鮮やかなブルーが入れられたカラーリングとなっている。

 新しいレーシングスーツの正面には、タイトルスポンサーのビザ(VISA)とキャッシュアップ(Cash App)のロゴが大きく入り、親会社レッドブル、パワーユニット(PU)に関するパートナーのホンダ、昨年からのパートナー、オーレンのロゴも飾られている。最近発表された新しいオフィシャルパートナーである高級腕時計ブランドーのチューダー(TUDOR)の他、ファッションブランド、ヒューゴ(HUGO)のロゴも目立つ位置に入っている。

この投稿をInstagramで見る Visa Cash App RB F1 Team(@visacashapprb)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る Visa Cash App RB F1 Team(@visacashapprb)がシェアした投稿