スクーデリア・フェラーリは2月13日(火)、2024年型F1マシン『SF-24』を公開した。

 2023年はレッドブルが22戦21勝という圧倒的な強さを誇ったシーズンだったが、そのレッドブル以外で唯一勝利を挙げたのがフェラーリだった。フェラーリは2022年、開幕戦で勝利を挙げ幸先のいいスタートを切ったものの、2023年は表彰台にも届かない出だしとなった。

 その後もレッドブルやメルセデス、時にはアストンマーティンにも先行を許したフェラーリは、母国レースのイタリアGPでカルロス・サインツがポールポジションを獲得。表彰台に上がったサインツは、続くシンガポールGPでもポールポジションを獲得し、ミスのない完璧な走りでランド・ノリス(マクラーレン)やジョージ・ラッセル(メルセデス)らを最後まで抑え今シーズン唯一の勝利を飾った。

 ルクレールは勝利こそなかったものの、ラスベガスGPでは最終ラップにセルジオ・ペレス(レッドブル)をオーバーテイクし2位の座を奪取する活躍を見せた。最終戦でもライバルをわざと先行させて選手権争いを有利に運ぼうとする頭脳プレーで最後までチームに貢献。最終的にはドライバーズ選手権でルクレールが5位、サインツが7位、コンストラクターズ選手権ではフェラーリは3位となった。

 今年1月には、フェラーリはルクレールとの契約を延長したことを明らかにした。そしてその発表から約1週間後には、7度のF1世界チャンピオンであるルイス・ハミルトンが2025年よりチームに加入することを発表。サインツにとっては、2024年シーズンがフェラーリでの最後のシーズンになる。

 そんな2024年を戦う新型マシンは、9年続くスタイルを踏襲し『SF-24』と名付けられた。またSF-24は昨年のマシンとは感覚が異なり、軽量化にも成功したと言われている。レギュレーションに大きな変更のない2024年シーズンは引き続きレッドブルが優位だと予想されているが、フェラーリは王者をどこまで追い詰めることができるだろうか。タイトルを争う跳ね馬の活躍に期待したい。