メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チームは2月14日(水)、2024年シーズンを戦う新型マシン『W15 E Performance』を発表した。

 2022年にF1に新しい技術規則が導入され、グラウンドエフェクトマシンが復活した際、メルセデスは”ゼロサイドポッド”と呼ばれるコンセプトを採用した。ところがこの年のパフォーマンスは振るわず、優勝はシーズン終盤にサンパウロGPでジョージ・ラッセルが記録した1勝のみとなった。

 メルセデスは2023年もこのコンセプトを継続したが、苦戦は変わらず、最終的にはゼロサイドポッドを諦めモナコGPで通常の形に近いサイドポッドを投入した。その後ハンガリーGPでルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得する速さを見せたものの勝利には届かず、ハミルトンは2年連続で未勝利に終わった。ラッセルも表彰台獲得は2回にとどまったが、メルセデス自体はコンストラクターズ選手権でフェラーリを3ポイント差で下し2位でシーズンを終えた。

 また昨年8月には、メルセデスはハミルトンとラッセルとの契約延長を発表し、2025年まではこのコンビで戦うことになっていた。しかし2月2日、ハミルトンがその契約を1年早く終了し、2025年にフェラーリへ移籍することが発表され大きな話題となった。ハミルトンは2013年にメルセデスに加入し、7回のタイトル獲得のうち6回をメルセデスで達成している。今年はメルセデスで12年目を迎えるが、これがハミルトンにとって最後のシーズンだ。そんな2024年を戦う新型マシンW15は、今年もブラックのカラーリングを継続しているが、一部にシルバーがあしらわれている。

 ハミルトン自身は2021年のサウジアラビアGPを最後に優勝から遠ざかっており、ラッセルも、そしてメルセデスも昨年は勝利を挙げることはできなかった。22戦で21勝を挙げたレッドブル、そのレッドブルが失速したシンガポールで勝利を掴んだフェラーリなどを相手にどう戦うか、メルセデスの新型マシンと今年のトップ3チームの争いは必見だ。